FC2ブログ

3/21 山中で迷子に

2020.03.21
本日土曜日なので週一の亀ラン当日だったが、前日に明日の亀ランはコロナウイルス伝播防止のため、お休みの知らせあったので、近場迷走ソロランでもしてみようと、我が家を出たらズバリ的中。って自慢してるわけではなく、皆さんと一緒でないと危ないという事よ、ほんまの近場迷走ラン実行となるお粗末、お歳は隠せませんですな。

11時近くになってのんびり家を後にして、ハンドル向かった先は定番JR中央線沿い高尾方面、駅手前で左折が定番コースだが、本日は駅前直行後右折してR20を大垂水峠へ、坂上富士屋にピットインは久しぶり、ラーメン食べ紅茶飲むも代金受け取らず、S子ちゃんご馳走さんありがとう。

相模湖駅でトイレ小休止昼食たべたので、喫茶相模は素通りここで本日行き先を鶴峠越え、丹波山村奥多摩湖周りか風張峠越えかは、現地到着で決める事にして藤野駅前でr522へ分岐、棡原の文字確認し走行してたはずが、進行路面間違えを気づくも、修正できずさらに深みにはまってしまい、前方に路面舗装無くなり山道に迷い込み、他人に会うことも無く戻る事にするも、来た道戻る走りが路面取り違えた感じで、何処を走ってるのやら皆目不明でいやはや往生したわ。

走行路無くなり山の斜面に自転車留め置き、登山路を500m程歩き路面探しも虚しく、戻る以外策無しと迷った場所の地名和見を脳裏に刻み下山、暫時後行き先表示和田峠目にしたので、陣馬街道で無事帰宅できたけど、とんだポカランやらかしてしまったよ。地名和見を帰宅後調べたら方向全く違っていたわ、帰宅したら17時過ぎで電池残量18%危なし危なし。

3/20 突然決まった2泊3日ツアー

2020.03.21
3連休に併せて春休みで本来なら、何処も人出で賑わうものがコロナ禍で静寂。先日路面凍結で引き返した犬越路TN、どうしても通過したいので、書店に在庫する地図帳類全て調べるも詳細不明。数ある手持ち地図も全て時代もの、サイクリストには必須品の地図、新鮮さが命で昭文社ツーリングマップル¥2800.大枚はたいて本日購入。愛用した2006年版に長年ありがとう、と引導を渡しゴミ箱へ捨てたよ。

新規購入のマップル関東甲信越編で、先日撤退した犬越路TNを黄マーカーでチェック、泊まった中川♨️時之栖に再度明日宿泊、翌23日犬越路TN通過の神之川林道下りを再度実行と急遽決めた。と言うのは偶然Uチューブで、逆方向を通り抜けた若者のブログ記事を目にしたからで、しかもそれが俺っちと同じく、八王子市民だったので俄然勇気が湧いたのよ。これはもうやしか無いと言うわけ。男って幾つになってもガキだなと苦笑しながらだけど‥

全面凍結の路面も暖かくなったので、もう走行不能状態では無いはずと思う、本日何気に眺めたUチューブ画像では、徒歩通行多用してたけれど、俺っち逆コースなので下り勾配、楽々のはずなので即実行するしか無いわ。

連休最終日の明日先週泊まって好印象だった、中川♨️時之栖に再度宿泊申し込みキープ、明22日は先ずは中川♨️まで走って一泊し、翌日再度山北側から神之川林道走破に挑戦、青根からはR413東京オリンピックロードコース走って、途中右方に分岐道坂峠1020m越え、より道の湯(都留市)で宿泊し帰宅する2泊3日の旅となる。

元々より道の湯一泊の旅は確定してたので、それに追加の形になったと言うわけ。

3/19 空前絶後の旅

2020.03.19
以下はEバイク宿泊宿決めずに家を後にした、我が長い自転車人生2度目の体験談。

昨日我が家を出て向かった先は一頃のクラブランで、常に行き先だった雛鶴峠の秋山街道、立川店からスタートしたのでR20大垂水峠越え、相模湖を勝瀬大橋で渡り日連を抜け往復した秋山街道、本日の俺っちは独りで往復走行はしないので、遠回りで向かったコースは、高尾駅手前で左折してr47川尻へ向かい、R413へ分岐三ケ木左折青山右折すると、途中大型車通行不能の路面もあり、天神TN抜け懐かしの秋山街道へ進入する大迂回楽しみ、馴染みの雛鶴の饅頭屋で大歓迎され一服。

ここで地図広げ眺めて本日宿泊何処で?と自問、即刻思いついたのが都留市の旅籠屋、処が行ってみたら本日満室で仕方無し、大月方面にハンドル切り道路沿い見かけたBH、お一人ですかと聞かれそうですと答えたら、一瞬間が空き空いてますでホッとしたけど。帰宅後神に経緯話したら、年寄りだから何かあったら困ると思ったのよと言われ、考えもしなかった現実考え痛く納得。この歳になっての気儘な独り旅は、これまで同様予約しての旅続行しかないのだと納得。

翌日更なる旅を続ける気が失せてしまい、帰宅に決めるも大月市内から自宅直行では近すぎ、何処ぞ遠回りはと考え思いついたが、松姫峠1250m越え奥多摩湖畔あるも、電池切れになるので避けるが無難と敬遠、藤野から陣馬山和田峠700m越えで走行、久しぶり沖縄飯店和でソーキそば食し、骨つきソーキの味堪能して帰宅となった。15時前の帰宅にどうしてこんな早くに帰ってきたのと、神さんのびっくりした顔には戸惑った。

以上今回は、空前絶後の1泊2日のサイクル旅詳細でした。






3/16 2日間のフラ旅を体験して

2020.03.16
最初に今回のEバイク2日間の旅を、結末からレポートとすると本日16時過ぎ、高尾駅裏からJR中央線沿いを走行するマイコースで無事帰宅。今回の旅は行き先決めずの出発となり、昨日10時過ぎ我が家を後にしたけど、宿予約せずの旅はこれまでまったくの未体験、今回が初だがこれからはこういう旅を専らにと考えている。と言うのは、行き先も泊まり場所も気分次第で、自由に決められもしかして、本当の旅の楽しみが味わえるのか知れん。

行き先大凡の方角は南方と決めたので、我が家を出るすぐ街中でR16へ進入、橋本でR129へ右分岐し厚木からR246へ右折し、ここで向かう先に御殿場が浮上した、大井松田から御殿場線と並走するR246走りながら、戦中から戦後の混乱期に松田山北間5kmの線路上、少年の足では1時間で5kmは厳しいこと承知で、次発まで1時間の待ち時間が待てず、すぐ歩き出した少年期の俺っち、気が短いこともあったかと思うが、線路上歩くのが特別に好きだった事もある。御殿場山北間20kmの線路上を、真夜中に歩き通した10歳児小6夏の出来事あり、いっとき英雄にされたけど俺っち本名英雄よ。

山北を過ぎると大型車両多いR246、いっきに走りにくくなって嫌気、谷峨先でr76に右折し中川温泉街にイン、泊まったのは丹沢時之栖、宿賃は朝食付き¥7400.宿の相客は6名グループと4名老夫婦2組に俺っちと同じ個客3人、宿泊客は総計で13名。翌日は通年不通の犬越路越えに期待一夜明け、喜び勇んで向かった登坂路、委細承知の閉門を閉鎖ゲート脇から、重いEバイクで潜入するチョンボ、悪い事はできませんで暫く走ると路面完全凍結、歩くことすらまともに歩けずの有様になり、トホホの撤退となるお粗末。畜生こうなったら暖かくなってから再挑戦だ。

熊看板あるも幸い遭遇しなかったけど、帰りしなちょこまか歩く鹿を見たが、次しかと確かめてやらんと満足できん。
本日走行距離118km 走行時間6時間 バッテリー残量16% 体調やや疲れた。

3/13 Eバイクで遊ぶ小周回

2020.03.13
昨日ブログ報告したコースの実行で家を出たのが12時半、先ずは大型車両通行量多いR16へ向かうが、家からごく近くなので気軽に車の流れに乗り、短い坂道上り下りしてJRと京王線相次いで踏切渡ると、最初の難関御殿峠で昔は車が渋滞し大変な坂道も、今は八王子市内を迂回する八王子BPがあり、横浜方面へ向かう車は八王子市内をpasでき、R16が2本並走となってるので、昔のように渋滞する事など全く無い。
 
終戦直後は占領米軍車両が厚木飛行場から、立川市の横田基地まで頻繁に通行して、R16は米軍の重要な交通路だったようで、JR中央線踏切脇にテントを設営米軍憲兵が常駐していた。終戦直後の頃は同年の少女達に、男の子は皆殺されると聞かされてたので、最初は結構恐れていたがそんなこともなく、ホッと安心すると悪がきだった俺たち皆で、ギブミーチョコレートと強請ったが、米兵の素敵な匂いが記憶に鮮明に残ってる。

一度だけどうしてなのか数人のGIに追われて、焼け跡を蜘蛛の子散らすよう逃げ回って、幸い誰もつかまらず逃げ延びた事あるが、あの時もし誰か捕まってしまったたら、どうなたんだろうか唯一の怖い思いでが、今でも脳裏に鮮明に残っている。

相原から町田街道に左分岐して、桜美林大学先からr57 に右折淵野辺でJR横浜線横断、と自転車はアンダーパスできず歩道走、これが超大変な階段越えになり、散々な目に遭わされやっとの事でJR横断、田名BTで小休止も此処ってトイレしかなくいのですぐ出発。高田橋渡り箕輪に向かい愛川町、三増TN津久井湖、相模湖の壮大❓な走行コースに嫌気でて、r511で相模川沿い遡上、小倉橋から川尻r48r47で高尾に抜け、JR沿いのマイコースでやっと帰宅したけど、本日はたった50km弱の走りなので、昼飯も食べずの帰宅となったので腹減った。











カテゴリー
最近の記事
過去ログ