FC2ブログ

9/25 定番コース雛鶴峠 思いやり。

2011.09.26
蓼科ロング帰路転倒負傷2週間ぶり参加した長老ラスター先生、あちこち包帯絆創膏の痛ましい姿で登場。行き先久しぶり日曜定番コース雛鶴峠、大垂水峠越えた小原の郷でトイレ休憩に遅れながらも元気に到着、休む間もなくボーラーガイドに促され先発するを見て、本日伴走してあげようと後尾追走。

古希を過ぎても歯科医の現役続行、働きながら趣味を楽しむ尊敬すべきお人柄、俺っちも現役だがお客様相手ではなく、気ままな仕事で適当に処理しておるので気楽なもんだが、患者相手の仕事では疲労も倍増、気疲れも相当なものと思う。若き頃アマゾン、エベレスト、南極等々世界を遊びまわった戦士は、俺っちのように誰にも拘束される事なく気ままに遊び呆けた輩とレベルが違いますわ。

雛鶴ラン往路はアップダウン続き結構きついコース、最大難所そば屋の急坂越えここで戻りますは的確な判断、元世界の戦士なので独りにしても心配無用だろと放置、雛鶴まんじゅう屋目指しマイペース、ボーラーガイドに追いつき先生引き返したと伝えると俺戻りますとUターンは老人互助会、そうよ他人を思いやる気持ち大切だよな。

帰り道逃げ足早い蜘蛛の子集団最後尾追走するも、まんじゅう屋でまんじゅう食べずトイレも使わず折り返し、尿意発症道俺っち専用場所に寄り道野立ですっきりのんびり走る帰り道、最大難関牧野のヘアピンコーナー小橋渡った上り、後方からAラン集団出現に追走仲間に入る、そのままぶら下がれば良いものを歳を忘れ、スピード落ちた集団に満足できず、ゴルフ場坂でバトル挑むも失速、頂上近くで抜かれるも二の足使える脚力残り満足、ところが下りになり突然心拍いっぱい、もはやこれまでと追走断念させられた。

大垂水峠も脚力残ってるので楽に走れ八王子市内入りすると、とたんに腹へって食べ物購入し家へ向かう羽目に。腹ふくれるとこんどは睡魔の襲来にたまらずベットイン老人よな。ひと眠り後マッサージにピポパするとタイ姫『おとうさん今日お客さんいっぱいよ』に『わかった』、暫時のち電話あり『明日12時来て』自分の休日返上し、俺っち疲労を癒してくれる気配りに感謝。『私のお父さんより年上なのに元気ね』と感心しながらも『無理しちゃだめよ気をつけてねと』我が子を思う母親のよう。[Official MV] Thai For Japan : เบิร์ด ธงไชย แมคอินไตย์
関連記事
スポンサーサイト



記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【01:22】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ