FC2ブログ

9/12~15 蓼科の報告とその後最新情報。

2011.09.15
春と同じくロングラン終了後、走りを楽しみ数日滞在する大分のクラブ員空港、八王子市内ホテルに引き留めた彼と午後から近場の宮ケ瀬ダムまでサイクリング。ロング力走の翌日にしては楽に走れ、予想外の復活スピードに満足し天国の『上』に、いつも一緒だよの想い伝える。

東北大震災で亡くした輪友のチーム陸前高田の仲間たちの1人の若者がお父さん(上のことをこう表現した)はいつも酒を飲むと2つのことを繰り返し語ったのですが、それをぜひ会長さんに伝えたいと思って、今回皆に帯同して来ましたと、初対面若者から蓼科ロングラン夕食会場の席で伝えられた。

輪友佐藤『上』は酒席でいつも必ず二つの事を喋ったそうで、ひとつは陸前高田ロードレース大会開催にあたり、走行道路上信号すべて青にして2台の白バイ先導でコース試走、自己走行タイムを基準に各クラスタイムを想定し、タイムテーブル作成したところ、各クラスの大会成績タイムが2分と違わなかった自慢話、そしてもひとつは、東北の大会で俺っちに負けたことから、人生得難い輪友として友達関係ができた感謝、自分の勝った話は一切せず、負けて言葉を交わしたことが契機で交友が生まれたことを、感謝感動として仲間に伝えていたなんて全く知らなかった。酒席になると必ず繰り返し繰返し聞かされたので、それをぜひ会長さんに伝えたくて参上しましたと涙流しつたえられたら感涙言葉を失うわな。『上』とはもう語り合えることはできないが、お前は俺っち心の中にいつまでも生きてる。

レースを熱く語ったあの頃が懐かしい、いつまで続くかわからんが俺っちは走り続ける、『上』も遠く天から叱咤激励頼むぜえ。倅もお前さんの跡を汚さぬよう佐藤輪業復活に努力するはず、俺っちも老いたが『上』心配せんでよい、倅の相談役務めるぜえ。

石和CHに泊まり本日空港を新開通の若彦トンネルから河口湖、山中湖と案内、春と合わせこれで富士五湖すべて案内した。帰路御坂旧道を走って『天下茶屋』で一休み、女将に歓待され年配のマイカードライバーにも、元気だねえと送られCHへ戻る御坂新道、スピード出る長い下り勾配直線路面で前輪バーストよ、タイヤ交換も腕力失せ空港一緒で助かった。

CH石和のPCからこの稿アップ。ちなみに携帯不携帯、家に置き忘れ各位と連絡遮断状態でありんすが元気につき心配無用、明日中戻って土曜亀々ラン10時参上仕る。待たれ皆の衆。
関連記事
スポンサーサイト



記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【23:29】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ