FC2ブログ

夢は果てしない、爺の挑戦は次が本番じゃい。

2010.07.09
全行程終了で帰るだけだったのに戦争体験を子供たちに語って欲しいと臼杵支部長から希望され、語り継がれねばならぬ戦争体験、子供たちの将来に少しでも役立てばの思いあり、引き受け小学4年生クラスで戦争体験を語る。

サポートカー運転で帰京する監督が速く帰れるよう、時間早すぎるが大分空港に向かう。監督は東京から新幹線利用の細君と小倉で待ち合わせ、岡山、京都観光しながらの帰京すると言う。昨日の記事新聞に載っていると知り購入、あり余る待ち時間はマッサージで疲労回復図る。

予定時間に羽田に到着すると北海道帰りのANA筬長にマイカー出迎え受け、家まで送ってもらうとは何から何までお世話になり感謝。神に迎えられ帰宅遅い夕食たべると山積み請求書を整理、ネット利用で支払すませその他事務処理すべてを完了、眠りに就いたのが午前四時75歳でこれができるのは、遊んだ後に仕事で全力投入できないようでは、遊ぶ資格はないと常々考えておるからじゃ。

サポートカーつけて取りあえず仲間と共に走ったので、次は同じコース独りだけで走ってみようと今考えている。75歳の老人が何も持たずのロード一人旅で同じルートを完走すればだれでも挑戦できるじゃろ。善は急げ??
来月下旬出発で計画は極秘進行してると伝えておこう。遊びってこうでなくちゃあと身を持って示す、俺っちが道開くから後は続けば良いだけ、期待してろ忍者はやるぜ。
関連記事
スポンサーサイト



記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【19:36】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ