FC2ブログ

出発前日の最新裏情報だよ。

2010.06.09
新潟近辺から関白姫が負傷癒えて初走、僕殿と仲良し参加の嬉しい知らせ届き、更に、傾き役者(歌舞伎)一代記を執筆、つい先日新潮社から出版した著作家光忠先生が、城崎辺からラスト臼杵まで伴走車に同乗、俺達めでたい爺トリオの密着取材だってさ、自転車の楽しさが伝えられるならなんでもしますわ。自転車をまったく知らない人が、俺っち自転車道をどんなふうに伝えてくれるか大変興味あります。

追い打ちは道支部イトマンからの、署長から休憩がてら札幌中央署に立ち寄りませんかのお誘い伝えられ、それはありがたい表敬訪問で署長から、熱きパワー頂戴しようとちゃっかり決め込む。深夜ラスター監督からの予定表が送られてきた、いやあ有難い事よなあ、皆が元気送ってくれ老体にパワーみなぎるぜ、こんな幸せな人生味わっていいのかね。

最初独りで気ままに走ってみるつもりが、俺も俺もで同行者現れ爺3人と伴走車運転のSamの計4人の旅に決まり、あれこれ日時ふらついたが、会社創立記念日6月11日北の支部札幌市から、7月4日俺っち誕生日に南の支部のある、大分県臼杵市にフィニッシュする裏日本縦走のサイクルツアー計画が確定、独りうまく決めたなとにんまり。爺様3人合わせ199歳でスタートして、俺っちフィニッシュで75歳になって、3名の合計年齢が200歳になる。

24日間で走行約2500km前後2日間加え26日間、これだけ長い期間夫婦離れ離れで過ごすのは初体験。今回完走できたら次は来年太平洋側を臼杵市から札幌まで走るつもり、こちら海岸線長く距離、日数、費用更にかさみコースも厳しく大変だが、クラブ員が合流走行しやすい地方を走るので、更に盛り上がればと夢は尽きない。目指すは自転車遊びの集大成。

壁のカウントダウン数字ついに1となった。
関連記事
スポンサーサイト



記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【02:26】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ