fc2ブログ

4/11Eラン ラスター社長誕生。

2010.04.12
Eラン冬のあいだ子がめ班に所属してた大事な仲間がかめ班に成長、春シーズン到来で定番雛鶴峠目指した先週日曜日は途中の小雨にびっくり引き返し、本日が初日新造船ならいわば処女航海の日。いつもならのんびり向かうはずの集合場所CSへの道、韋駄天走りは74歳の爺さまのやることか、これじゃ心うきうき遠足に向かうガキと同じじゃ。いいや俺っち少年のころ、遠足なんか別に楽しいと思わなかった覚めたガキだったのに、これってどうして…

最初の難関大垂水峠Eラン発足時代のスピードにダウン、下りも減速のまま相模湖駅前最初の休憩、珍しく喉の渇き覚えドリンク、考えたらお茶も碌に飲まず家を出てしまったと知る。相模湖先は目的地までノンストップのフリーラン、最後方から追い上げラスター先生、ボーラーくの一夫妻かたまりどうやらここが最弱組、監督とコンビで付かず離れず様子眺め、声掛けしては姫励ますラスター先生にアマゾン冒険男の真価を知る。

先週折り返したというGC坂上からは難所の下りヘアピンコーナー、ここから雛鶴まんじゅう屋までの誘導ペース考えながら俺っち先導決意、ラスター先生脇固め足回すとは雲泥お上手なお口回しのテクニック、かよわき姫を元気づけ完走させてしまったドクターテクニックに驚愕。

帰りフリーラン勘定払って小便垂れ蜘蛛の子追っかけ、最初に発見はラスター先生のはずがボーラー?、後方追尾で走ると遅れる一方じゃん、吉野信号で心配し待ち受けてたラスター先生が合流し、二人あわせ147歳のクラブ長老従えよれよれ走る姿はボーラーではなく、本日からラスター社長と命名だい。

小原の郷でまたもおしっこストップしたら、定年後やること無いのでスクーターで走りまわってる爺から、自転車は楽しそうだねと声掛けられ、暫し自転車談義に花咲かせどんと遅れて追走、つる数人に追い越され追走もすぐの息切れてちぎられ、ラスター先生に見守られ足攣ってダウンの介護の社長姿、粋がって飛ばした付けが回っった結果、他人の不幸笑ったら悪いけど、介護が職務の人が介護されてる姿は面白かったな、ごめんよラスター社長。

ここ走り不足で2月も3月も700kmに達せず、CSまで戻りお茶した後帰宅したので走行123km、朝起きたら身体じゅう軽い筋肉痛じゃん俺っちも歳よな。


関連記事
スポンサーサイト



記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【08:25】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ