FC2ブログ

6/28 今年二回目の日帰りロングランは柳沢峠。

2009.05.31
朝6時半E―Dスタート峠めぐりロング走、隣に神さん寝ていない独り寝で起きられるかな?一抹の不安もいつも通りの夜更かし、朝寝坊はだめよと頭脳へインプットして寝床へ。5時目覚めも少し眠りたかったが二度寝は危ういとそのまま起床、切り餅1枚トースターで焼き磯部巻き、お茶一杯飲んで集合場所へ向かう。

もし寝坊したも後から追えばええじゃん、俺っちノンストップ走だからいずれ追い付くわ、心配することないと気楽なもの、万事こんな感じではストレス発生するわけないけど、相手がストレス感じてしまうのでは?う~んそこまでは考えておらんわ、とあくまで気楽。

目覚まし時計セットですべて解決も、実は目覚ましベル音が大嫌いなのよ。野球少年だった中1少年期にグローブ欲しくてなあ、新聞配達の仕事見つけ小遣い稼ぎ、子供のころから早起き大の苦手だったので、毎朝目覚まし時計のベルに起こされ眠い目こすりながら朝刊配達。成人してのちも目覚ましベル音聞くと、心地よい眠り破られた悪夢だった遠い記憶呼び戻され、これ嫌って目覚ましベルは鳴らさないのよ。

考えるとこの新聞少年時代、毎朝駆け足新聞配達の経験が足腰鍛えたのかも知れん、後日自転車競走体験でよほど役立った。運動能力すべてが誰にも劣る体力でありながら、唯一、足腰の強さと柔らかい筋肉だけは人並み以上、これが歳を感じさせない走りが出来る原因だな。

欲しいものあれば自分の稼ぎで手に入れなさいが親の教え、小さな頃から銭稼ぐ大変さ身につけ育ったはずも、成人しても案外気楽に金使ってるがどうしてだろ、これって性格なのかねえ。友の母親が還暦過ぎたわが子に、『男は友達付き合いに金けちってはダメよ』って小遣い与えた話聞き、昔の母親は偉いと頭が下がった、今時こんな母親居らんだろうな。俺っち親父から教えられ背中見て育った、我が子は二人とも娘なのですべて神まかせ、俺っち批判されっぱなしも、まともに育ったからまあええか…

いまいち不安定な天気と脚力不足メンバーで48人中全コース(175km)走破13名のみ、大半は奥多摩湖畔から小菅村、鶴峠経由上野原から大垂水峠の115km、雨に合わずEーD帰着も雨中の力走完走班には2pプラスじゃ。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

お疲れ様でした。
仕事で参加できませんでした。
2009/06/01 12:46 URL | 松関女将 #KD5XUSzs | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ