FC2ブログ

紀伊半島山中ツアーから帰還報告。その⑥

2009.04.14
南紀白浜午後3時10分発の便、距離も50~60kmなら余裕、寒いこともあって出発10時少時前。つり橋の幾つかを自転車で走り抜け遊ぶ、歩くより自転車通行のほうが橋が揺れないと前回知ったので、今回再度定員1名の橋で実験確認した。明神橋から昔走った県道29号を逆走、時折記憶に残ってる場所あるも虎ヶ峰トンネル先のパノラマ展望が全く記憶にないのはどうしてだろう、昔は違う道だったのかもと不思議な感じ…

途中にあった道の駅『紀州備長炭記念公園』、ベンチで宿が持たしてくれた弁当拡げる。ベンチに先客郵便荷物車の職員居り話しかけられる。目張り寿司つまませながら四方山話続き丸金、丸石、セキネ、フジ等メーカー車名続々出て、皆つぶれてしまったどうしてかねえと古い話。昔は郵便配達も自転車だったのが今はモーターバイク、自転車メーカーもつぶれますわ。価格だけで外車に駆逐されたわけでもない、別な面もあるのよ。

田辺市在住のこのお父さんも自転車礼賛者、自分の健康は自分で管理が義務と考え、健康に留意すれば足腰強化が基本とわかる。動物は餌が捕れなくなったら命尽きる、人間だけ植物人間になっても延命されるが甘えるな、自分のことを自分で出来なくなったら末が忍者の掟よな。

でもなスポーツは両刃の刃、レジャースポーツ楽しむがよい。レコード追求、チャンピオン目指すは他人に任せ、肩肘張らず気楽に楽しむのが長続きの秘訣、俺っち半世紀以上自転車走り続けられたのは気楽気ままアバウトが故。夢中になりすぎ完全燃焼すると終わってしまう、これまでの長い体験で多くの例を見てるので、趣味のサイクリング域で楽しむがベストであると確信しちょる。

6日間のサイクリングが終わったいま、充実感いっぱい次なる遊びが控えておる、週末は名古屋の若隠居とコンビツアー、更に来月中旬は五島列島探索の企画舞い込み、次々新しいクラブラン誕生させ同士と楽しみ分かち合いたいと考えてるのでよろしく。

羽田空港から出発寸前のリムジンバス『南大沢行き』に突然の乗車、バス車内で2時間の旅すっかり日が暮れ到着した京王線南大沢駅、ライト点灯R16号線に出て家路に向かい自走、車流れる都会の現実に戻り19時半無事帰宅。
本日走行74km、合計500km6日間のサイクリング終了。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

お疲れ様でした。
めずらしく雨とお友達にならなかったようですね。
お土産ごちそうさまでした。
2009/04/16 09:00 URL | 松関女将 #KD5XUSzs | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ