FC2ブログ

紀伊半島山中ツアーから帰還報告。その②

2009.04.13
一夜明けた『鶴の湯』出発前オーナーから声掛かり、田辺市の友人が自転車業と言い、しばし自転車談義に花咲く。温泉良し値段安し南紀、熊野、吉野を巡る大和遺産ツアー企画が脳内浮上、さっそく来年実施だい、爺さん何でそんなに急ぐのかいって、俺っち寿命がどれほど残ってるって思うの?やり残さず命を全うするのが忍者のつとめや。

本日コースは山中県道走って国道424、425中山路、県道を中辺路まで下って国道311を本宮温泉郷まで、WEBで調べるR311は走りやすいようで距離も80~90km、急ぐ必要無く道の駅『龍遊』で『たこ焼き』食べて小休止、近くではトンネル造成大工事も進行中で来年末はこの辺大変貌する様相。

中山路の分岐路信号脇食堂で昼食は『日替わり定食』、都会とと変わらない平凡な味¥800はまあこんなものでしょう。長いトンネル抜け下り勾配一気に下ってR311、熊野新宮への抜け道で観光車両多く、路面広く走りやすいがソロランでは面白みに欠ける。道の駅『熊野古道中辺路』でひと休みしたが、熊野古道歩きのハイカー多数が居り、多摩ナンバー車夫妻は立川の人日本列島は狭いわ、歩き楽しむは元娘さん集団ばかり、お父ちゃん達と若人は何処なの…

予定より早い時間に本宮温泉郷に到達、まずは前回宿泊しった『川湯』へ道草、泊まった宿名忘れてしもうたが、『亀屋旅館』だったかもと大きくなった建物眺め、河原眺めれば川湯に外人アベック入浴中、手を振り挨拶すると超肥満体女性から笑顔の挨拶返される。昔俺達ツアーの時はレーパンでそのまま川湯を楽しみ、よしずの囲い無く川の水量多くあまり温かくなかった。

今日の宿は湯の峰温泉『湯の峯荘』¥18900.今回ツアーで最高値宿は1人泊まりの割増と追加料理ミニステーキがため、自転車輪行袋に収納部屋に持ち込んだ。この宿、熊野古道歩きの人たちで結構繁盛、世界遺産さまさま俺っち地元bの高尾山はミシュランさまさま、格付けされて集うのでなく、自分で価値あるものを求めなくてどうする。

本日走行80km。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ