FC2ブログ

旧い話を持ち出してすまんのう 歳をとりたくないのに+1だよ。

2008.07.10
大昔開店した自転車ショップのあった羽村に用事あり向かった、そのころ走った道も道幅拡張整備され、あちこち家は建つわ新設道路が開通するわで、にここはどこだっけと一瞬左右見まわしたほど。用事済ませ吉野街道から御岳ケーブル駅前まで上った、二十年ぶり程になるかきつい勾配に腰あげ走ってやっと、昔とは大違いの軽いギヤなのにシッティングでは無理だった。

1974年3月羽村町の駅前にサイドビジネスで出店したサイクルショップ、学生の頃から商人が大嫌だったのにお店開くとは、人生はわからんものよな。そんなわけでのスタートだったので、物を売るより走る楽しさ追及に熱中、クラブつくって走りに精出し脚力自慢も、自転車が直せない事に気づくお粗末。俺っち幸せ者で見かねた旧い輪友から助っ人申し出あり、こ奴におんぶに抱っこすべてお任せ、俺っち走るだけで楽なもの。

明日を忘れて走りに集中できたのが、1978年9月モノクロラボを廃業サイクルショップ専業となったに43歳を越えてから、今更夢中で走ったところでどうなるものでもない年齢、体力劣る自分の限界を誰よりも熟知、仲間を喜ばせる事に終始動いたこれが良かった。

振り返って眺めると商売繁盛クラブ隆盛、すべてこの心あったからのように思う。誰にも悟られぬよう独り悦に入ってた俺っちやっぱ忍者だったな。

昨夜はいつもの問屋メンバーが集まって、俺っち73歳の誕生日をお祝してくれてのう、過去の話に盛り上がったのでこんなブログになっちゃたよ。お客に喜んで貰うを考えるは容易、だが、問屋にも喜んでもらいましょうとは、誰しもが考える事ではないと思う。他人があまり考えない考え方を勉強してみような。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ