FC2ブログ

忍者爺雲隠れのわけはなあ。

2007.10.31
お友達の雨坊主君に、出かけた時も帰った時も喜ばれながら本朝午前零時過ぎ、我が家の神と遠く九州三泊四日神善旅行?から帰宅したぞや極楽トンボが。とりあえず眠らん事には何も出来んと、まずはお眠むですべてを放置し睡眠、3時間ほど眠ったがおしっこでお目覚、一度は寝床へ戻ったものの、心配してる(してねえか)仲間に報告だけ届けねばとPC電源onよ。

遠く九州水俣で環境科学の最先端技術を駆使、我々地球環境を汚し続ける懲りない面々の尻拭いに奮闘する、世界のHONDA博士の結婚式参列が目的、ちゃっかりヒデ爺チャンス到来と神へのゴマ摩りだい。忍者はしたたかなんじゃ。

博士HONDAは高校、大学時代なるしまメンバー、あちこち一緒に走り回って苦楽じゃない、道楽を教授じゃない共に享受した大事な仲間、門弟福の神と天超の目出度い二人引き連れお祝いに参上がまことの事実。おめでたいのはあんただよって、多分突っ込まれるので忍者は抜け目なく先回りじゃ。

HONDA博士は、自転車競技の実力で俺っち記憶に残る思いはないが、クラブラン途中転倒した仲間の自転車、僕が一番近いのでと家に取って返し運んでくれた、愛ある行為が強烈に脳裏に焼き付いてるなあ。家が近いと言っても、山越え野越え遥か先だぜ、お楽しみを断念し友のための尽力に痛く感動した覚えが忘れらず、当時毎年選定してたクラブ大賞(ヒデちゃん賞)に、この愛ある行為を絶対評価で選定した。

こんな素晴らしい日本男子が俺っち門下生であることは幸せであり誇りである。いずれ世界のHONDAとして環境科学の世界で、アルカンシェルに輝く事になるはずの博士、世界のHONDAに祝福の乾杯…

とりあえず以上経過報告だけ、旅のあれこれは仕事片付けたあと再報告ということでまずは失礼。
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ