FC2ブログ

来春ロングラン新コース試走体験。

2007.10.26
それは昨日の事ですわ。以前からまずは自分の足で走ってみてから、と考えていたロングラン新コース、とりあえず走って来たのでまずはその報告。

場所が路面状況未体験の山越えコース、距離も自宅から直行しても往復約150kmあり、朝寝坊俺っちが向うには早起きが条件となる、でこれまでなかなか実現できなかったのよ。

早起きするには早寝がベスト夜中12時回ってすぐ寝床へ、これでも自分としては充分早寝、朝方5時過ぎ目覚めるもまだ睡眠不足、山越え無理と判断二度寝。次目覚めたのは7時過ぎ頃合いはよし、腹ごしらえは自分でつくったとろろ昆布のころうどん。

気になるお友達の雨坊主、天気予報は午後になるほど雲多くなり、場所によっては夕方から降り始めると伝えるも、とりあえず家る時は晴天絶好の走り日和、夕方までは帰れるわい。

本来なら秋山道雛鶴峠越えで向うべきも、9時過ぎ出発では余裕不足、国道20号直進し笹子まで向かって峠下からの逆コース。

12時笹子下到着ちょうど昼時『蕎麦屋』もあるが、時間惜しみまずは山越え優先だろと、追分左折で短いトンネル抜け9%のきつい坂を上り詰めると分岐、右方向は清八峠、三つ峠、左方向都留市の標識勿論向かうは左の都留市方面(黒野田林道)。ここからは山肌巻くように走るのでほぼ平坦楽走、紅葉色づき始め下には走ってきた国道、遠く眺める稜線は柳沢峠、大峠、松姫峠に連なる大菩薩嶺景観が見事。時折短いピーク越え繰り返し、最後大きなピークでが尾根越えすると東屋ある展望台。方向ぐるっと変わって眼下は都留大幡、道志の山並こちら見えるは丹沢山塊から富士山最高だよ。落ち葉で埋まった路面慎重に下るも、細かい落石散乱に小石に数回乗り上げ衝撃受けスローパンク。修理作業中停車した枯葉マーク老人3人組から、腹減ってるだろといなり寿司の差し入れあり、それほどでもなかったが山中の触れ合いに感謝。

セメント完全接着のタイヤ外しに手間取り、大幅時間ロスもその後無事に走行、気温18℃暗くなる前に大垂水越え帰着。このコース来春ロングではAB班に体験してもらうつもり、機会あったら自走体験して欲しい。コースは大幡峠への分岐で右折をせず、そのまま直進すれば標識完備しているので間違う事なく笹子下まで抜けられる。かっての未舗装路面も今は完全舗装路、落石も上り面なら避けるは容易、車の通行も無くサルの群れと紅葉が楽しめる。DISCOVERY JAPAN


関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ