FC2ブログ

成田試走ソロラン 2日目。

2007.09.21
俺っちとしては早めに眠った割りに朝寝坊、ホテル後にしたのが9時過ぎ。予定では銚子まで走り漁港近くの店から土産海産物の購入。ところがホテル出て20km先、片側工事中の下り坂であろうことかこぶ状盛り上がりに乗り上げ、車体大きくバウンドし落車左側面から転倒擦過傷、皮肉なことに盛り上がり修復の工事現場で乗り上げ転倒とはトホホ…路面が木の葉影で見にくかったので、もっと低速で下れば問題にはならなかったが、後方続くトラックに気遣いしたのでまあ仕方ないかな。

現場の民家で傷口水洗い膝付近、肘上腕を粗い路面で擦ってしまい、工事現場での応急処置では心もとないので、走りながら病院探しは多古市で中央病院発見。待合室に三十数名の患者が診療待ち、¥1500払って病院後にしたら0時半。丈夫そうな皮膚なのですぐ治ると思うが、破傷風予防注射した方ががよいと言われ納得、代わって注射器手にした看護士さん、これが名人何も感じないうちに終わっていた。

『注射上手だねあんた名人』『そう有難う』悪戯心頭もたげ、『俺も注射うまいって言われるよ』『あら、ドクターなの?』『いやあ、免許無いのでごっごよ』『???』年配の看護士さん素敵だったなあ。

すぐ近くの『道の駅多古あじさい館』で昼飯はカレーライス¥350は学食値段、安いなあ、味も値段考えたら立派ものだぜ。東総広域農道マークしたトラック、テールランプ点灯多発はここも路面にこぶ隆起多数、車体バウンド防止心得た運転のよう。千葉名物は落花生とこぶ路面、積載オーバーのダンプよく目にするがこれが因だな。

次停車した道の駅『ふれあいパーク八日市場』、すれ違った主婦二人から『大丈夫ですか血が出てます』、見れば脛が血だらけ浅い傷も膝付近なので、ペダル回し続けで止血ままならず、銚子まで向かう間何度かミネラル水で流し、ハンカチで拭く繰り返し、ハンカチ王子は汗を拭き、ハンカチ爺は血糊を拭く、切った張ったの天保水滸伝の末裔、飯岡の商店で海産物入手太鼓判押されたが、おばあちゃん買った荷物本当に届くのかねえ…手元の残った店名無しの受取り、まあ¥7000じゃええか。

銚子を回って国道356利根川下流から上流に向かい成田目指すも、成田への道がこんな遠かったかなあと思うほど、ペダル回転黙々と続け真っ暗の6時半帰着。部屋でパンツ脱いで改めてビックラこいた、右脚腿の付け根まで擦り傷で満身創痍、文句も言わず走り続けた右足君に改めて感謝、不注意で痛い目にあわせ本当にすまん。ごめんなあと脚をさすった。

本日走行155km。 走行時間6時間28分。 AV23.8km。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ