FC2ブログ

9/24 転倒後遺症に悩む

2019.09.24
先日の10日午後秋田県の終活の旅終え、大宮から自走帰宅途上のこと、台風15号通過で枝木が散乱する歩道走行中の昭島近く、ドブ板上のキープレフト走行中、左手細道から現れた車に撥ねられ転倒して、腰部強打撲の負傷。警察の現地検分聴聞終わって、加害者の車で我が家まで送られ、翌日身体の調子伺いの電話あり、まあ大丈夫でしょうで一件落着した。

今回の秋田県走行した旅は最悪で、初日泊まる宿男鹿半島への左折場所見当たらず直行、仕方なく能代市内の翌日の宿まで直行中、日没になり暗い夜道で転倒したら、不幸中の幸い消防署員が近くにおり、救急車手配されその日運ばれた病院で一泊、顔反面が紫色に腫れ上がりゾンビ風貌になり、湯瀬、田沢高原、横手、水沢と旅を続け5日目、R4走行中雨が降ってきたので一ノ関で自走断念、15号台風進行中に向かって新幹線乗車、大宮まで輪行で戻れて市内Hで一泊。

で翌日冒頭の状況に至ったという訳です。次の旅山形県を楽しむ10日間が、月末から始まるが体調完全回復には程遠く、加齢が立ちはだかってるなと、思う今日この頃であります。でも84歳の年齢考えると骨折しても、当然かなと思われる転倒でも、この程度のダメージですむのには感謝で、親父が守ってくれたなと天を仰いだ。
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ