FC2ブログ

7/7~9 札幌市内滞在〜10帰京

2019.07.17
札幌へ向かうのにR393中山峠越えではなく、R5国富から小樽経由の稲穂峠越え走行、坂下る途中で極真師範の出迎え受け余市から、伴走車収容となり先行楽々の札幌入りとなった。札幌で投宿のホテルエミシアン札幌、遠くからも一目でわかる大きな高層ビルだったが、コインランドリー¥500.には驚き呆れ、3連泊したが全て手洗いで過ごし、ぼったくり商法に細やかな抵抗。こんなホテルと知ってたらリザーブしなかったのにと後悔、俺っち泊まった事で浜線夫妻と若隠居まで、引っ張り込んでしまい申し訳なかった。

札幌滞在中の前2日間はイトマン先導の名所各地案内あり、2回開かれた食事会は遠来の我々に者は嬉しかったが、付き合わされた地元勢にはどうだったか、会社リーダーだった頃の俺っちだったら、決して負担掛けさせなかっただろうが、老齢で退社し無給の今では夢の世界。

宴会会場に向かう車内での目撃だが、無人の優先席直前で座る事なく、吊革につかまり立つ乗客見て感動した、都心では絶対見られない光景だった。

あちこちのサイクリング観光先では、喜びも悲しみも幾年月の撮影現場灯台見学が印象に残った。イトマンが親切にあちこちガイドしてくれるも、迷惑かけぬよう加齢で追走精一杯の状態で申し訳なかった。

嬉しかったのは極真空手師範M師との再会、来夏ポストマンと奥尻島サイクリング計画に同行確約は楽しみ。札幌は終活だがピンポイントで木古内、江差、奥尻をラストにするつもりでいる。その節は宜しく。

帰京する9日R12で遠回り千歳空港が遠く、時間逼迫レーサーシューズのまま搭乗とあたふた、次の便待ちで余裕の家老と誠三に苦笑見送られ、羽田到着後京急天空橋駅から自走して、町田市相原の宿ラクシオインに一泊、提携先ロテンガーデン♨️で疲労癒した10日間の旅でした。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

北海道ラン、同行させて頂きありがとうございました。
まっすぐ伸びる道に「単調でつまんない」とのお言葉でしたが、初体験の私は毎日とても楽しく走らせて頂きました。来年は奥尻島ランとの事ですが、是非参加させて頂きたいと、今から思っております。
お元気で、益々のご活躍をお祈りいたします。
2019/07/17 13:56 URL | パラショック #- | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ