FC2ブログ

7/6 ニセコで輪友に遭遇

2019.07.16
Hは美利河ダムの下にありながらダム眺める事なく、別棟に預けた自転車取り出しHクアプラザピリカ出発となったが、終活なのでダム眺めておけば良かったと反省。昨日走ってた国道230引き継ぎ走行国縫でR5へ左折、内浦湾内を10km走って長万部から再左折して内陸へ、道内走行する大型車は自転車族への配慮なく、すぐ脇を平気に追い越す神経に辟易、体験上北海道が最も走りたくない、断トツのワーストナンバー1だなと確認。これから向かう3日間の札幌市内が思いやられた。

長万部左折内陸に入るとR5はJR函館本線沿い並走になり、時折目に入る道路標識は常に倶知安、函館、札幌で距離が僅かずつ減少するだけ。r66に分岐ニセコへ向かう10km程が、上り勾配街道になって地獄もやっとホテル到着で安堵。

この2日間の走行距離188.96kmmで到着17時半、走行時間9時間12分49秒AV20.5km時速20kmを割らなかったのは、パラショックが居たからで、独走だったら18kmそこそこの筈で、健康的にはそれでベストと考えている。

到着した宿ニセコノーザンリゾート・アンヌブリがその昔、ラスベガスで体験したホテルを彷彿とさせる大ホテルにはビックリ。更に今明日開催の選手関係者等多数宿泊大賑わいで、夕食時輪友シマノ博物館長とばったり顔合わせ、開催中のニセコクラッシック大会に参加中で、本日のTT2位とか相変わらず熱いのに感心させられた。

UCIのニセコクラシック大会が開催中とは、全く知らなかったけど道路走行してて、何かあるのかな?といった感じはしたけど昔の仲間に会えたのは何よりの収穫だった。



関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ