FC2ブログ

07/3 俄虫温泉へ向かう

2019.07.15
本日移動先娥虫温泉までのコースは、ルートラボ測定すると最短距離で62km、高度158mでr5走行の楽々コースで日本海側に出る。この道路は以前何度か走った経験ある路面で、木古内のクラブ員と同行したこともあり、本日もクラブ支部員の消防隊2名の先導で走行となった。

上ノ国までの41km稲穂峠越えるトンネルが新設され、旧トンネルに比べ少し長くなったが、幅広になり少々明るさ不足だが断然走りやすく、40km越える距離感じず上ノ国到着となり、R228を江差に向かい右折海岸線の景観を楽しむ、かもめ島手前のえさし海の駅で小休止。

戊辰戦争で沈没した開陽丸の復元船体眺め、陸方面を高い塀で囲み建物を隠蔽した宿、一泊お一人5万円5棟の隠れ家宿群来、何様が利用されるのか凡そ察しがつくわな、R227の山側を並行する路面走行し、歴史的景観を保存した街並を眺めながら、消防長に続きゆっくり走って抜ける。独りだったら此処見逃したかと思うので感謝。」

宿近くまで先導していただき途中、足湯も体験してさせて頂き感謝。到着した宿俄虫温泉1拍2食¥11500.格安感あり、大きな部屋だがトイレが無く遠くまで歩かねばならずチョイ不便だった。15人ほどの♨️蛇口前がいつもきちっと、未使用状態に整頓されてたが、スタッフがやってるわけでは無さそうで、利用客の心がけと思うが日本人の素晴らしさを実感した。

御前2時目覚め三度目の♨️へ向かったが、熱かった露天風呂がやや温度低くなり俺っち向きで堪能。
.
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ