FC2ブログ

6/5 休暇村陸中宮古へ

2019.06.11
昨日の100kmコースに続き本日も同じく100kmコース。出発は9時目覚め間もない身体に、宿からすぐ2km上り道が重くのし掛かり、R45に出ると次左右分岐に戸惑い、久慈川渡り三陸鉄道北リアス線沿い走行、すると、道の駅のだ11時到着小休止。自販機で初見の飲料アイスバニラ¥130.飲む、溶かしたバニラアイス水で不味かった、同じ価格の田楽も食べたがこちら大きく、味はそこそこ食べるのに骨折った。

大雨直後のような路面続き、愛車掃除せず出発は無駄骨折らずすんで、ラッキーだったと頬緩んだ。普代から浜沿いのr44走り。田野畑南で再度R45に合流頻繁にTNを抜ける、此処から前方何メートル、後方何メートル浸水地帯の路面表示あり、高い場所で覗き込むと砂浜がかなり低い所にあり、ビックリの浸水地帯で8年前の震災の大きさに驚愕。

道の駅たろうでも小休止したがドリンクのみ、100km越える距離を走行するも、大きな田楽腹膨れで昼食食べずの経済走行は、少年期食糧難時代を過ごした世代の特技かも、皆の衆に真似は無理かも、いやしない方が賢明かと思う。

宮古手前r259から左分岐した先、姉ヶ崎展望台近くの休暇村陸中宮古に到着。67ルームある大きな建物で、部屋も温泉も広く夕食バイキングだが、食べ物の種類が豊富で多数の客で賑わっていた。一泊二食付き¥12420.は価格も手頃、場所もわかりやすくお勧めホテル。難は走行するこの地帯R45、トンネルがやたらと多い事かも。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ