FC2ブログ

4/2 かんぽの宿 大洗

2019.04.09
窓外に見える桜の木が開花したものの12°Cの寒さに、散るに至らず戸惑ってる感じで長持ちして結構だが、ポカポカした春の陽気とは程遠く走ってても寒いのよ。


本日の行き先は同じくかんぽの宿大洗で、コースは宿から出て3桁県道走り継ぎ北上を続け、北浦温泉から対岸への渡る鹿行大橋1km程の距離だけが国道で、そのほか全て走行コースに国道は無いので、歩道走行せず楽しいランができる気配で走るも、意外にも起伏が繰り返し続くのと、向かい風強く渋滞とは別のストレス受ける走りとなった。

凅沼周辺巡り湖畔の食事処で昼食はうな重、窓外に見える川魚も海魚も捕れる汽水湖は、強風に煽られ水面が大波でうねり、ここは船中の窓際かと錯覚するほど、期待したうな重もその昔四万十で食した、冷凍天然うなぎの焼き直しとワーストワン争う味覚で、踏んだり蹴ったりでわずかに慰めてくれたのは、お値段¥2800.と格安だったことかな、安物買いの銭失いとは言い得て妙。

r2に入ると大型車両多くなり又々歩道走行再開、時間調整云々と考えてた大洗街中も、かんぽの宿が一向に見つからずあちこちウロウロ徘徊走の繰り返し、宿探しに手こずたお陰で❓チェックイン時間はとうに過ぎるも宿見付けられず、バス停の行先案内図眺めて8停留所先に、宿泊するかんぽの宿名を確認ニンマリ、左右分岐路では両方向を確認して後やっと到着。

連日の寒さにTVがお花見は暖かい格好で、お楽しみくださいと伝えてたけれど、本当に毎日寒くてGORE TEXの高価なウインドブレーカーに救われましたわ。輪行袋置き忘れたので車体剥き出し梱包のまま、玄関入り口内に留置させて貰い助かった。

¥100格安コインランドリーが館内にあり、2日ぶり着衣全てを洗濯でき助かった。18時夕食会場に向かうと昨日の潮来程では無いが、こちらもかなり盛況で高台にあるので、那珂川から太平洋の景観も素晴らしく、広い部屋は明るくて機能的で使いやすい良い宿と感じた。時折体験するけど部屋が暗い宿は気が滅入るので好かん。

2食付き料金¥17010.で潮来より¥2000.高いのでCPでは潮来に負けるし。こちらオンライン決済もできず、カード使用できても現地決済がやや不便かなと感じた。全国に50カ所あるというかんぽの宿、すべてを宿泊体験するのも有りかなとふと感じた。けど日本郵政KKの営業色濃く伝わり、泊まるなら民間零細業者にと思ってしまうのが俺っち性。
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ