FC2ブログ

3/27 野島崎白浜へ

2018.03.30
本日のコースは野島崎迄R410ほぼ一本で南下、昨日使った金谷港から加茂城迄のA4で10枚の、3万分1詳細地図全部捨てたのは、終日ほぼR410の国道南下する1本道では、地図も必要なかろうと考えたから。

朝9時加茂城出発遠く窓下に見える小湊鉄道、並走するr81を昨日の逆コースで走行、r172に分岐月崎駅からr32を久留里駅前、ここから本日の移動先、南房総市白浜町まで全コースR410走行、地図眺める必要全く無しR465との離合だけが?だったが、2度目ともなると心してた事もあり、苦労する事も無く市原市から、君津市、富津市、鴨川市から南房総市の5市内の5市町、そこそこアップダウン続く山中道を通過し、鴨川市のみんなみの里で大休止、せりご飯¥315.としらぬい¥400.合わせて¥715.駐車場裏目の前街道の草むらで、腰下ろし食したせりご飯で満腹になり、地元産不知火がめちゃうまく大満足した。

更に走った千倉海岸道の駅『ちくら潮風王国』で又ひと休み、魚売場の新鮮な魚類眺め家直送考え、神にメール送信も返信手元に届かず、調理する神に無断購入は避けるべきと考え、垂涎のお宝断腸の思いで断念は、少しオーバーだったかな。このちくら道の駅、潮風王国は第一、第二、第三と三箇所あり、フラワー街道名の通り道路両脇には花売店あり、春先で各店内外お花で満載。

自転車留置き安全な広いガラス窓の食事処目に入り、うどんでも軽く食べようと思いイン、メニュー眺め金目鯛煮付け¥2300.に変更、時間掛かりますと云われたけど、チェックイン時間に早過ぎなので反って好都合即OKよ、一匹丸ごと煮付け姿煮が搭乗し、先日の飯岡のはやはり可笑しいと確信した。

野島崎近くのはずの宿見つからず往生、電話すると電話口の女将表で待ちます、指定された南風荘へ向って下るも見つからず、同じ場所2回廻るも分からず、車と認識していた女将に自転車と伝え即解決、野島崎燈台前で燈台元暗しを実感のお粗末でした。

半世紀近く前の頃燈台前の民宿に泊まった話しすると、当時民宿が3件あったのでもしかしたら泊まった宿かもとなったが、予約したのが俺っちでは無く詳細は全く?お洒落なお宿で凝ったフレンチ食事は、老いぼれ爺向きではなかったが、若人や女性には間違い無く好評かと思った。手の込んだ洋食も爺さんには猫に小判で申訳なかった。

 本日走行距離 84.8km 走行時間 4時間30分41秒 AV 18.0km



関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ