FC2ブログ

3/1 定宿 成田ビューホテルへ

2018.03.06
早朝はまだ雨風強くどうにもならない状況だったが、テレビが伝えてた通り時間経過と共に好転、朝食時は風雨強かったが食事終え、部屋に戻る頃になると雨上がり予報ぴったり。帰る支度始めてると薄日が射し、遠く眺められる富士山眺望もバッチリ、本日雨の心配失せたので画伯宅に電話、感じよい奥方と初談話すぐの了解、主人に伝えますと電話番号聞かれ応答、暫時のち海辺里のマスターの携帯に着信、呼ばれたがなんの事無い、俺っち伝えた自分の番号末尾2桁間違えが原因、固定と携帯の電話番号下4桁3桁が同じ末尾2桁のみ違い、固定電話番号伝えのミスでした。

海辺里と画伯昵懇とは知らなかったな、本日画伯は千葉市内の施設に紙芝居講演で忙しく、次の機会に前もって連絡で一件落着、それにしても携帯嫌うアナログ人間だった画伯、時代の趨勢に勝てなかったのか次回聞いてみよう。携帯同士ならSNS発信を使って、気楽に連絡取れるので忙しい人間には便利。

本日の移動先は、その昔レース開催してた頃イベント宿舎で利用してた、成田ビューホテルなので良く知る場所、距離も昨日の半分で立寄予定も無くなり、急ぐ必要なしで本日はのんびりラン。まずは旭市までR126走りr28を右折東総広域農道、多古道の駅でドリンク小休止、その昔工事中の下り道悪路で転倒し、脚部擦過傷受け気にせず走行続け、脚部出血を他人から指摘され、これは手当が必要と判断多古病院で受診した事を思い出す。自分では気付かず走り続けたら、自販機前で停車したら、自販機で購入してた奥さんから、足元指差し血が〜って仰天指摘され、我が足見たら朱色染料膝から流した状態だったなあ、足回し続けてたので止血せず、痛み感じない本人気付かずの顛末でした。あれから20年以上経つかなあ…

宿は成田空港近くで多古はすぐ近く、走った事無い道路選んで空港方面目指し走行、狭い上り勾配路で車の通行も殆どない路面、暫く走り続けると整備工場前に出て、左側空港で右側鉄道の合間を走り、数回走ってる空港自動車道の側道になり、成田ビューホテルはすぐで到着14時半だった。

部屋で着替えしてると着信あり、何とフロントに居るSamから、俺っち予定知り繰り合わせ立寄りと思うが、突然の来訪では2食♨️付で、更にマッサージ予約時間もある状況では、食事外出は勿論の事応対全く出来ない状態、僅かな時間の出会いだけで終わってしまった、悪かったけど仕方ない勘弁な。

♨️入浴中にコインランドリー洗濯すませ部屋干し、17時半開店直後の中華料理店で夕食、19時から馴染みマッサージ匠のオイルマッサージで5日間の疲労癒されサイコー。

本日走行距離 52.91km 走行時間 3時間07分36秒 AV16.8km  
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ