FC2ブログ

2/26 まずは千倉まで

2018.03.04
昨日家から神奈川県下走行、なるべく走った事無い道路を探しながら走り、ラストで道を間違えるおまけ付で100km近い距離走り、宿もチェックアウト11時とゆっくり、移動先も千倉なので遠くは無い、でのんびり過ごして向かった久里浜港。ほぼ1時間に1本の割で運行されてる、フェリー出航時間詳細調べておらず、港近くに向かうと出航を目撃、1時間の待ち時間だなと思い、ターミナルで次便時刻調べると、なんじゃ目撃した便は10時20発で次便は12時15分、この昼時のみ2時間の間隔じゃん、誰も居らん待合室で待ち時間2時間。

でも房総初日は金谷から千倉までなので、直行すると40kmも無く心配無用、あちこちふらふら走りを止めればすむ事、待合室の待ち時間が退屈なのは仕方なし、食券販売機の前でメニュー眺めるも、まだ11時前で腹減っておらず、食べる気せず自販機ドリンクのみで保留、30分ほどぶらっとしてると、食堂スタッフが券売機操作し、本日限定10食あら煮定食¥850.をセット、これはラッキー(別に待ってた訳ではない)とばかり、注文したけど鯛のお頭煮付けで美味かったな。

そこで思い出したのが昔々、羽村駅前にサイクルショップ開業した頃、近くの横田基地のGIトムと知合い、お頭煮昼食を馳走したら、鯛頭の煮付け見て仰天し、食べるのためらってた事思い出し、ふと笑みがこぼれた。英語が話せてたら良い友達になれたはず、アメリカ大嫌いの俺っちが、こ奴素晴らしい男と認めた最初の外人だった。その後2人台湾人の素晴らしい人と巡り会っている。この二人からは多くの事を学び、特に方や一人とは毎年2週間寝食を共に過ごし、多くの事を教えられた恩人でもあり、いまは石和別宅に遺影を飾ってる。人から教えを受ける事好まなかった、この人は唯我独尊的俺っち唯一の師と言っても過言では無い。

遅くなったのだから素直に直行すれば良いのに、それでは面白く無いと金谷から、R127で勝山までの10kmだけおとなしかったが、r184に分岐道の駅『富楽里とみやま』で小休止後、道路戻ってアップダウン連続のr89鴨川富山線13km走行、R410に右折?地図持たないが、行先千倉標識見て明日走る道路だなと思いながら、千倉へ向かったが千倉街中で宿泊宿場分からず、店に電話するとすぐ近くのはずが、探し当てるまで5km近くの無駄足よ。

本日走行距離 55km その他データー消失
前日の走行距離 99.3km 走行時間 5時間23分37秒 AV18.3km
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ