FC2ブログ

2/4 吹上♨️新湯温泉旅館

2018.02.09
根占ネッピー館は目の間がフェリー乗場、前日ホテルで時刻表手に入れ、山川港へ向かう9時の便に乗船と決めたので、8時朝食8時半チェックアウト、フロントで預かってくれた輪行袋の自転車受取り、発着場まで転がし徒歩移動すると、本日強風のため山川港行、全便欠航の立看板が設置されてるじゃん。

はてどうしようかと考えふと見ると、指宿行き8時50発高速フェリーの乗場あり、お兄さんが近づき乗りますかと言われ、うんと答えると揺れますけど大丈夫と聞かれ、大丈夫と言うと建物中の発券機で、乗船券の買い方教えてくれ船まで案内されたら、この兄ちゃんがなんじゃ船長だった。高速船は料金が少し高いが、指宿港まで僅か20分で到着する。フェリーに乗船すると山川港まで所要時間50分なので、山川港から自走開始出来る時間は11時、高速船で指宿に向かうと指宿まで20分なので、9時20分には自走出来そうだが、指宿港から山川港方面へ向かって走るので、指宿山川間の走行時間を考慮すると、両者ほぼ同じ様な感じと思って良いのではと考えた。

乗客は俺っち1人しか居らず、船の揺れ方半端では無く、ピッチングとローリングの連続、一瞬大波受け窓外視界無くなるわ、海面に叩きつけられる衝撃、いやはやもの凄〜い状態でも、進行続けられる船足には驚いた。無事指宿港到着も風は強い、雪ちらちら降る強風吹き荒れる中で、待合室横で輪行自転車組立たが、自走開始出来たのが10時20分。

山川港近くまで県道走って右折、R226枕崎まで40km標識、枕崎手前でペンタに右折するはずも、雪舞う中の確認は避け現地近くでと先延ばし、あまりの寒さに輪行視野に開聞駅へ向かうも、1時間45分の待ち時間に諦め自走継続。松ケ浦信号で地図確認、直行すればr29ペンタに合流、そのまま走れば南さつま市で、枕崎からのR270に合流そのまま走れば、日置市吹上♨️と読み込み、まずはr29石垣加世田線走行中、間断なく降る雪がみぞれに変わったり、めぐるましく変わる天気だったが、最も困ったのは車体飛ばされそうな強風に、R270では自動車の通行多く、歩道走行を多用して走り道の駅『きんぽう木花館』で温かいうどんを食べ小休止。

お茶を何杯もお代わりし温まり出発すると、雪雨降り止み強風も静まり暫く走って、吹上温泉まで2.6km標識見て喜び右折したら宿は直ぐだった。濡れた衣服洗いたいと言うと.女将に洗濯機ありますと案内され、濡れたシューズも古新聞紙でこまめに脱水、ラスト部屋のクーラーで完全に乾かせ助かった。大事な自転車は建物奥の軒下、留置きしたが安全を確信したから。

本日走行距離 70.3km
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ