FC2ブログ

8/18〜23 石和別宅滞在の後半

2017.08.25
16日石和温泉駅前駐輪場前にミニベロ留置き、すぐ来た各停に乗車1時間半掛け帰宅、西八王子駅から徒歩帰宅は60年程以前の遠い昔、大学生だった頃の通学路だったなと思い出し、歩いた線路沿い細道の行程半分程は、家はめちゃ多くなったが道路そのものは、昔とさして変わってないのには驚くわ。

我家に2日のみ泊まって18日別宅戻りは、高尾駅で甲府行き各停に乗換笹子TN抜けた先甲斐大和駅、輪行の場合ここで降車し下り勾配の幹線道路R20、一気に下っていたのは先頃で卒業、老いた今はかつぬまぶどう郷駅にて下車、車列流れ激しい国道20と違い、ときおり車が通過する県道快適に下り、石和別宅は下り切った笛吹川通りを下流に向って3km走れば到着。だが本日は自転車の旅では無く電車の旅、勝沼ぶどう郷駅車窓から甲府盆地が一望、霧に霞み天空の城から眺めた城下町よう、石和駅から雨合羽着込みミニベロ走行、途中で遅い昼めし食べ表に出ると雨上がり帰宅も、明日から続く後半もこんな天気が続きそうな予感。

石和河内の別宅到着すぐ自走16時スタート、御坂峠頂上戻りかTN通過河口湖畔から若彦TN抜け、鳥坂峠越える周回路の二択は、御坂TN通過の周回に決め進行、若彦TN内で距離メーター動かずに気づき、TN内で調べるも修復せずで思い出したよ竜飛岬路、メーター近くにライト設置したら干渉での動作停止、ライト位置遠くに離して設置したら解消、時間逼迫してるのにTN内で時間経過させ、外へ出たら夕闇迫り鳥坂峠下りで暗闇になり、九十九折路面そろりそろりと下ったら、輝く甲府盆地の夜景が絶景停車し景色を眺めたよ、長いサイクリング人生だが走行中に、こんな素敵な夜景眺めた経験は初めてのこと。

翌19日かねて一度行きたかった南アルプス公園線、南甲府駅から波高島駅まで身延線で輪行し、上沢でR52を横断r37南アルプスライン走り、マイカー通行禁止の奈良田温泉開運TNゲート前で折返し、炎天下石和まで115km走りきって満足。早川流れる水の色、奈良田湖水面のコバルトブルーは最高、マイカー規制でバス乗換場に向う人、走る俺っち姿眺め気持ち良さそうと、大声掛あげてたのが印象に残った、帰り道日帰り風呂も考えたが、次回再度訪問しようと楽しみに残した。

20日は前日脚使ったので周辺迷走で過ごし、翌21日新富士まで新幹線輪行朝霧高原北上する、大阪野郎の元山男を出迎え本栖湖で合流、西湖から河口湖畔走り若彦TN、鳥坂峠越えで石和入りしたが古関〜本栖湖への上り、釜額民宿に合宿した昔ここ走ったけど、こんなにキツかったかなと首傾げたけど、もしかして予想以上の脚力低下かね?

22日行き先希望聞くと南アルプスというので奈良田誘うも、手軽に夜叉神方面と言われ直行では近いので遠回りし、芦安で日帰り♨️楽しみ戻り、23日は昇仙峡見物これは東京からのSamとすれ違い、石和で落ち合い3人で瑰泉で♨️楽しみ多喜口で夕食いっときを過ごした。翌日23日浪速の山男はタイヤをブロックタイヤに交換、大弛峠未舗装路を川上村に下り、以後信州の峠ランするとは、昔は歩いて、今は自転車で山を楽しみ尽くしてるようで誰でも簡単に真似出来る事ではなく素晴らしい。自分の世界へ旅立つ彼と朝方別れ、夕方の♨️マッサージまで時間持て余し、暑いが勝沼公果園まで走り思い出した用事すませ別宅に戻り、16時からのマッサージ治療すませ、汗流しのんびり♨️楽しみ夕飯食べ終え、20日間の石和自主トレ無事終了、20時半の特急甲斐路に乗車輪行で22時自宅に帰った。
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ