FC2ブログ

イベント裏話 その2。

2006.10.25
イベント開催で発生するごみ処理、持ち帰らねばならないので、これが大変で毎回悩みの種のひとつ。今回は参加者多く昼弁当が『ますの寿司』なので、ごみが大量に発生するを見越し事前に、まず『ますの寿司』は外箱無し発注、資源節約ごみ減少の一挙両得で対処。
めし量多く女性には食べきれないかもと、持ち帰れるようラップも用意と細かい配慮は俺っち自慢のかみさんの発案。これで携帯食にもなるわな。

ゴミ袋にポリ容器はつぶして廃棄はいつも通り、最近は参加者もこれに慣れ協力してくれるので、助かりますとサポートの話。今回一番助かったのは、帰路昼食休憩場所の勝沼の『公果園』ぶどう屋さん。ごみは捨ててあげますから、置いてって結構ですとすべて引き受けて下さった事。まさかゴミ処理引き受けて貰えるとは思ってなかったので、大助かりでサポートの女性陣大感激。『公果園』さんありがとう。

またお土産用に用意してもらった詰め合わせ『ぶどう』、これがまた美味しかったと大好評、心ある方たちが作るものものにも伝わるに違いない。美味しくなれ美味しくなれと、心込めて栽培したものは無心で作業したものとは違う。
  
心が通じ合うのは人と人、人と動物だけでなく人と植物でも通じ合うもの。言葉掛けして育てた植物は、放置育成の植物とは明らかに違う結果を示すはず、優しい気持ちで万物に対処することで必ず良い結果が生まれる。 となったら、もうやるきゃあないだろう今日から皆で心がけよう。
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

ヒデ爺!この2日間休息のご様子にて安心しました。

ここ最近、ヒデ爺疲れが取れていないのを、目の当たりにし

やや心配でしたが、これで復活間違いなしv-91ですね

ヒデ爺のおっしゃる通り、人は心と心の対話が無いことほど

寂しいものはありません、それをNALSIMAにて再発見させて

頂き、改めて感謝しております。

2006/10/25 18:11 URL | テクノボーラ清水 #- | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ