FC2ブログ

南伊豆山中で忍者と感動の出会い。

2006.10.11
まさか南伊豆の夕闇せまる山中で、忍者自認する爺がだよ、本物の忍者に出会う事になろうとは、夢にも思わなかったなあ、人生は長編ドラマ実にすばらしい。

10月1日一泊ロングラン帰路で168km走り、10月中の土日祝日のEeeラン走行距離を合算予測、その気になれば今月3000kmがいけるかもと考え、3連休直後の宿安売りネットで探し、往復すれば400km稼げると下賀茂温泉『伊古奈』を突然予約。3連休後にロング往復加えたら5連チャン、Eeeランでのんびり走り与力残して挑むつもりが、意に反し消耗激しい走りをしてしまったその翌日で疲れも残っていたからなあ。

遠いので早めに家を出る予定も7時15分がやっと。厚木から国道246御殿場~三島の前回7月石廊崎の逆コースを走る予定だったが、来月おきなわレースを想定、過酷なアップダウンコースで走ろうと選択が、一国箱根湯元から旧道走り箱根峠越え、三島から大瀬崎周りの西伊豆海岸線回り。西浦辺の景観良く右に見えた富士が正面になり、真後ろになり、左に見えたり県道17号は楽しい道と思えたのは最初のうちだけ。

次第にアップダウンの連続は脚力を消耗させ、回転鈍くなりスピードダウン、時計は容赦なく時を刻み5時までに200km走れば、ラスト10km少しの思いも長い上り坂途中196km地点で5時、犬を連れた散歩の夫婦から『あと少しだよ』と声援受けるも疲労困憊状態、やっと頂上見晴らし開けた場所の自販機前にへたり込む。空腹と疲労癒していると先ほどの夫婦到来、あれこれ話しうちに俺っちフレームのマイネーム見つけ『あれ!なるしまさん??』とビックリ、俺っちは面識ないが8年前都心からこの地に隠遁、今は自給自足生活の忍者。都心在住の頃は我が店に入り浸りの顧客だったという話。

大変感動されロシアの友から受けて以来の抱擁の挨拶、全く思いがけない出会いでこんなに歓ばれ感動。何か見えない糸で引き合わされたような感じあり、この出会いを大事にしようと思った。喋ってる間に日が暮れ忍者から伝授された『虎の巻』頼りに、過酷な国道を回避、楽な山道ライト点灯し十数キロ6時半やと宿に到着。いやあ参った。

走行コース。
八王子自宅~厚木平塚有料道路側道~小田原~箱根旧道(箱根峠)~三島~沼津~大瀬崎~戸田~土肥~松崎~雲見~下賀茂温泉(伊古奈)。

走行距離213km。 走行時間9時間35分。 AV22.2km。
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ