FC2ブログ

第7回温泉一泊ロングラン終了報告。

2006.10.02
大イベント温泉一泊ロングサイクリングが終了しホッと一息、疲れがどっと出たかはやお眠りは我が家の宝物神さん。疲れを知らぬクソ爺(大目付殿の口癖)は元気元気、それもそのはず2時間遅れでマッサー待たせ、治療受け桃源郷をさ迷い寝ぼけ顔で帰宅、これまで最高のボケ顔じゃんって神さんに大笑いされた。

俺っち元気の源は軽いマッサージとクラブ員から送られる限りないパワー。往路めちゃきついコースをショートカットもせず、ヘロヘロになりながらも見事完走したA班メンバー。帰路希望して向かったとはいえ、麦草峠、信州峠回りで後半大雨に叩かれながら、真っ暗になった甲州路を互助会で走り無事帰還した女性含む面々感動をありがとう。

俺っち勘違いでトンネル直行の先行と思った女性混入のジャンボ隊も真っ暗の中帰着、笹子旧道峠越えと聞き仰天。雨天と時間考えまさか峠に行くとは思わず、峠とトンネルと聞き違え先行させてしまった俺っちのチョンボ。でも終わってみれば無事完走だから言うこと無しだわな、成せば成る何事もだ、これで苦境に挫けない精神力が培われたはず。

麦草組参加者から浅見、岩島両社員の連携サポート絶賛の声も耳にした、良い社員に恵まれている俺っちは日本一の果報者だ。

多くのみんな感動をありがとう。この文章涙しながらキーを叩いた。
面と向かって『ありがとう』が言えないので、こんなかたちでごめんな。

2日間目一杯のサポート連、ホテル関係者、公果園、まんじゅういせや、その他諸々に感謝感激。参加者の皆さんお疲れさん、懲りずにまた走ろうな。

関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

高尾山口でお待たせしてしまい、すいませんでした。
時間的にきびしいかなと思いながら、峠コースを選んでしまいました。ご心配おかけしました、
暗くなりながらも、全員無事に完走できて、自分も安堵しています。
楽しい時間をありがとうございました。
2006/10/02 04:44 URL | ジャンボ こと 宮口 #- | 編集
麦草峠: 標高2000mオーバー ”来てよかったー!”

~小海:豪快ダウンヒル ”気持ちいいけど、寒いよー!!”

~大蔵峠?:皆ここが最後の峠と思っていたが・・・
  ”今日のコース結構きついんじゃない?”とかなり不安よぎる。
~信州峠:”雨まで降ってきちゃったよー(泣)もう昼なのにここはどこ?”

~須玉:昼食”とりあえず食わねば!”コンビニ前で鱒鮨&カップラーメン座り込みでもうひらきなおっちゃうしかないね。

~甲斐大和:笹子トンネル前”ちぎれるー!でもここが最後だー!”

~大垂水:サポートの献身的な先導引き”きついのはオイラだけじゃないんだ、いちばんきついのは先頭だよな”
日が暮れ雨で視界不良、しかしながらハイスピードでなるしまトレインが進む、いままで自分一人の中での我慢葛藤の走りが、集団の集中力がひしひしと感じ取られ、全員で一致団結しゴールを目指す連帯感のようなものが芽生え、不思議な感動を覚えたのです。
オイラの眼には雨と涙が一緒になり“ちくしょー、対向車のライトが滲むぜー!”

高尾着:行ったり来たりの手厚いサポートスタッフ”すばらしいサポートでした”
終日牽きまくった社員スタッフ”本当にお疲れ様でした!”
一緒に走りきった麦草組”皆完走できてよかったねー!!”
ゴール地点で待ち迎えてくれた会長はじめ、皆さんの顔を見た時”泣き”はなかった・・・
笑顔で”ありがとうございました”と・・・・・
2006/10/03 02:04 URL | 麦草組 #- | 編集

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ