FC2ブログ

3/1 天草大会雨天でDNS

2015.03.02
予報どおり朝から雨降り衣服乾くも参加取り止め。全員同じ早朝7時の食事では寝起きすぐなので、食べられるわけも無くおかずだけ食べ終了。部屋の窓からの前面風景が海面と、遠く望める陸地だけなので、雨降り状況良く分からずも、表へ出るとかなりの降り、皆さん車に分乗姿消し俺っち独り宿に残り、何度も外の状況見に行きふと思い出した、その昔競輪界のSPスターだった高原永吾選手が、雨なので練習できず仲間と映画観に行き、何度も席立っては外を眺め、雨降り状況確かめてたと聞いたこと。

昭和一校のコーチ東京オリンピックに参加したマー君は、その後競輪選手時代に合羽着て練習に行ったのだから、永坊の上を行くが脚質、性格が競輪向きでなく、残念ながら競輪界では並の選手で終わってしまった。しかし、熱血コーチ魂どっこい生きており、無名の昭和一校を全国一の高校に飛躍させた功績はすばらしい。俺っちより2歳年下で数年前の事、オリンピックコースをゆっくり走って案内する、雑誌企画で声掛けたら、無理無理自転車で走ったら死んでしまうわ、とマイカー現れた。限界まで極めると燃え尽き症候群、終わってしまうので生涯の友として楽しむには、俺っちみたくのんびり気ままが必要条件なのよ。

11時回って空明るくなってから宿から海側走り県道26で中田港、ちょうどフェリー到着したが下船上船客なし、1台のみ軽四積載して出航、港あっても食堂もなし過疎って営業も大変やろ。空腹感じ新和町へ県道26で戻り、イベント役員に食事処聞くも町内に無く、本渡方面に行けばあると教わり本渡へ向かう、道路分岐点のラーメン屋生憎休業、そのまま通過暫く走ると、あったじゃんネットカフェ自遊空間、早速インするも老眼鏡紛失でブログアップするも、途中で断念がこの稿続くのわけでした

ミートソースパスタ¥500注文、個室で食したので空腹癒やし、宿へ戻る県道26急ぐとここイベントコーでス、終了時間迫り走る参加者達も、後方なので非力連中ばかり、脇を次々パスして宿へ戻り泊ると、本日泊まり客俺っちだけ、入浴汗流しながらシャワーで衣服洗って、部屋に持ち帰り部屋干し、風呂場のバスタオルで脱水したので間違いなく乾く。

自転車輪行袋に収納階段歩く宿なので、2F部屋まで持ち運ばずフロント隅に置貸してもらう。
関連記事
スポンサーサイト



トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ