FC2ブログ

10/10 博多へ輪行以降~10/13 日田温泉から福岡戻り

2014.10.14
10時チエックアウト昨日の姫ドライバー運転のホテル送迎車に乗車、相客を別港へ送って後青方港へ案内され12時過ぎ出航、約6時間弱乗船し博多港へ到着するフェリー太古、新造船で大型350人乗り往路乗船した五島産業の高速船とは桁違いの大きさなので快適。青方港を12時10分出帆50分乗船すると小値賀港へ13時、宇久港へ13時45分に到着し、その後4時間かけ平戸を通り博多へ向かう。¥4280の切符途中下車前途有効の記入あり、途中の島に立ち寄り滞在も可能楽しめる、自転車は特殊手荷物扱い輪行袋持込で¥1080こちら途中下車前途無。グリーン寝台¥2100で数時間睡眠し博多、九州春姫の出迎え受けマンションで一泊。

一夜明け台風19号接近中で連休なのに、行楽旅行の車両皆無の高速道を輪行で日田温泉、ヒルクライム前日受付済ませ温泉宿へ戻り、到着してたフレームに車輪のみ取り付け、不要になったLOOK車体を梱包返送、北海道でやったと同じ方式。黒猫から飛脚に運送会社代り、フレームもLOOKからアマンダが逆になり、場所も北から南へと転換考えると面白い、いや金掛かるわ指先痛いわでちっとも面白う無いわ。明日のヒルクライムコース車で下見したがラスト3km程が急傾斜で全距離13kmほどでもきつそうだった。台風の速度が遅いので何とか明日午前中だけでも到達せんように願うだけ。

日曜日大会当日朝食食べてから現地に向かいヒルクライム参加、開会式後チーム右京関係者から日田市長にまで挨拶されるわで恐縮、第1回ということで入れ込みもあり、運営冗漫の面もあったが懸命な姿勢は伝わり、コース上で村人全員が旗振り応援してた姿眺め、以前サッカー世界大会でTV紹介された、前津江村の名前脳裏に浮かびあの村が此処だったんだと納得、コースも良くこの大会人気大会になる気配感じた。

俺っち成績は全く問題にならなかったがこの歳で競走は無理を再確認、スタート直後の速いペース追走で息切れ、これではラスト失速してしまうとマイペースの戻し、後方振り返ると誰の姿も無くびりジャンこれには参ったわ。それでも泊まる宿見つからずエントリーできなかった佐伯のロングライド、土砂降り雨で大変だったようだがこちら降られること無く無事終了で助かった、最年長者という事で特別賞まで頂く光栄に感謝よ。

宿に戻り連泊もいよいよ台風接近で対馬フライト欠航となり、13日以降の日程白紙となり空港で、16日北九州空港から帰京を14日福岡空港からに変更明日帰ることに。市内大型サイクルショップに案内され、久しぶりに全く変わらぬ若さの社長と対面、今回は春姫にのあちこち連れて貰って大助かり、嵐接近中運転ど下手なのにあれこれ動いてくれた顔広い春姫には感謝だ。

今回ツアーは出掛けに台風欠航で1日日程ずらしから始まり、終盤でまたも次の台襲来で又も欠航、落車で受傷するわ自転車変速機破損しチェン切断、と不運続きこれ以上九州に留まるを断念した。欠航原因は航路無料変更できるので北九州からの帰京便を明日福岡からの羽田便に変更、明日の午後には羽田から自走で夕方帰宅できることになった。神よ喜べあれ別に喜ばねえかな…

福岡に泊まるならもう一泊したらの勧めも、ブログ仕上げたく駅前リッチモンドHに宿泊、台風ニュースオンリーのNHKTV耳にブログ作成、深夜に及んだので概略4日分とりあえず送信、仕事から離れても忙しさ変わらず、でも良く考えると自分で勝手に忙しくしてるのかも…
関連記事
スポンサーサイト
トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ