FC2ブログ

11/17 GOKISOに度ど肝抜かれる。

2013.11.18
11/16日(土)前泊する長浜到着15時過ぎで時刻表検索、11時50分八王子発横浜線に乗車、新横浜で新幹線『ひかり』に乗継、米原で北陸線に乗換ると長浜はすぐ、若隠居の出迎え受け街中で茶飲み後ホテルへ、同宿FK生抜き古い友とBMC社長と4人で食事。

昨年に続き琵琶湖周回は2回目、40名ほどの参加者は距離で3クラスに分かれ、鯖街道周りのロングコースを走ったがE亀ランと違いスピード速く追走オンリー。鯖寿司セット食べ琵琶湖大橋渡りコンビニ小休止後、脚力消耗見えた後方集団見て、先頭替わり32、3km走行で先導開始暫時のち、先頭替わりますと出てきたのがGOKISO社長、これが35,6kmで俺っち速度より一段速く、40km近い速度維持で走る場面もありビックリ、GOKISOハブの素晴らしさは充分体感してたが、32年生まれで100km以上走ったのはこの日が初体験とは、GOKISOはハブだけで無く社長も超ど級とは驚きで、一緒に走れ目から鱗価値ある体験しましたわ。

BMC社長も俺っちクラブラン参加したころと大違い、格段の進歩、自転車業界で商うには自分も走らんとな、売るだけの業者は自然淘汰されるような気がする。走ることでユーザーの気持ちが理解でき、商いの道が開かれるはず、GOKISOの技術主張は10年先行してるのではと考える、いずれアルカンシェルに輝く日が必ず来るはず、信じて我が道を進んでほしいと思う。半世紀を超えロードペダリング続けている老爺が断言する

国産礼賛の社長を思い、乗ってる車体が舶来品これはいかんと反省、卓越したカーボンテクニックの匠洋三工房に出向き、要望伝え作成された我が愛車名付けて愛坊を近日お目見えさせます。一生ものとして乗り続けるつもりなので乞うご期待。

関連記事
スポンサーサイト
記事URL | 日記 | トラックバック(0) | コメント(-) | 【18:54】

トラックバック

トラックバックURL:
カテゴリー
最近の記事
過去ログ