FC2ブログ

10/13

2019.10.13
9月末列島北上ランで常に入り口になってる、大宮市内まで自走で向かったのが9月末日。翌日上越新幹線で新潟に向かい、特急いなほに乗換、あつみ温泉駅まで輪行してから自走開始、その日酒田市内泊まりから今回の旅がスタートした。

翌日は天童市内に泊まりその翌日、岳♨︎に向かい、更にJCRC時代熱中してたロードレース大会開催、馴染みの地泉崎村での連泊、那須塩原、真岡熊倉、西川口、相模原と宿泊移動して、帰宅する10泊の旅予定。

酒田市内から天童市に移動した100km越す走行、これが84歳の老いぼれには少々重荷だったのか、翌日岳♨︎泉でリラックスほっと一息つくも、その翌日は雨降りとなり二本松駅迄の10km、下り勾配で楽々だったけど、30分の待ち時間駅舎で弁当¥1200.購入食し、郡山行きに乗車終点まで乗車するも、到着したホームに次乗換る白河行と連絡無し、出発まで1時間もホームで待ち惚けには参った。

泉崎駅に降車した時は夕方近くで、宿泊先カントリービレッジに到着した時は夕暮れ、JCRC活動に全力投入してた初老の頃、足繁く通った泉崎村あちこち走って見れど、大きく様変わり別な場所の感じ、今回旅のちょうど半分経過で、ここ泉崎カントリービレッジに連泊、翌日は走行道路側に落ちてる栗拾いでのんびり過ごし、遠い昔の少年時代を思い出した。

翌6日(日)那須塩原まで移動しながら栗拾いは続き、小学4年生10歳で敗戦食糧難時代を体験、学校サボって栗拾いに山へ向かった仲良しも、今は遠い世界へ旅立ってしまった。目標人生100年であと15年弱思い切り自転車人生、楽しむつもりでおるけどはてどうなりますか。

目標達成まで元気に走り続ける気でおるが、最近の脚力低下は自分でも信じられない酷さ、いずれEバイクに乗換える予定でいるが、それ程ハードなコース設定では無いはずの今回も、疲れ切った状態での帰宅となり、自宅での疲労回復に長時間要し、老いたなと今回ほど年齢を強く実感させられた事はない。

帰宅後一日中寝床で過ごす様をみて、あんたよく寝るわねえと呆れ顔の神さんだったが、あんた無理しすぎてるのではの声が発せられなかったのが、俺にとって僅かな救いだったのではと考えている。

来月は群馬県下8日間の旅予定してるので、行程詳細を調べたら100km〜80km〜連泊〜60km〜50km〜100km〜60km〜50kmで、100kmの日が2日間あるので、無理せず途中輪行も視野に入れ、走るコースはそのまま変更せず向かう事に決めた。

年末12月は山梨県下7日間の旅でこちらも全宿予約済み、77歳=129泊 78歳=145泊 79歳=129泊 80歳=152泊 81歳=149泊 82歳=146泊 83歳=119泊

取りあえずそのままにして来月の走りでの結果で、再考しようと考えているが、Eバイクに転向はほぼ確実と考えてる。残念だが遂に88歳半年で、アシスト車にエスケープが確実のようだなあ‥





スポンサーサイト



9/29 明日からまた走ります

2019.09.29
明日から酒田市スタートで山形県を走る、全10日間のサイクルツアー開始となる。先月秋田県走行の旅終え自宅に向かった最終日の10日(水)、昭島市内走行中道路横から飛び出した車に、撥ねられ路面に転倒打撲の後遺症か、その後腰痛発症し自己治癒力頼って、あれこれ腰の運動も老齢が故か、思うように回復せず未だ痛みある状況なのに、次なる旅山形県内への出発日が明日なってしまった。

9日間の全行程をつぶさに眺め泉崎から、下郷町回って那須塩原へ至る行程を割愛し泉崎に連泊して、のんびり過ごす事に当初の計画を変更、泉崎村はかってJCRC時代、親く足運んだ思い出多き地で、宿泊も公共の宿Cヴィレッジに泊まれ格好な場所、体調万全ではないので旅中途の休養日と決めた。

今回は那須塩原から真岡を回って、自宅まで自走帰宅の予定で旅先から、家まで自走帰宅は初の体験で楽しみにしてる。これで年初から始めた終活の旅、10県下を完了残るは38都府県、あと3年2月先の87歳半ばで達成する。加齢に老化加わり足腰も弱くなると見込み、出来るだけ遠隔地の旅を早めにすませ、身近な県を残すがベストと考えている。

Eバイク使用も脳内にあるので、いずれ走りも様変わりすることは確実だが、サイクル人生は楽しい限りで、老いても少年に戻ったような感じがする、今日この頃です。

9/24 転倒後遺症に悩む

2019.09.24
先日の10日午後秋田県の終活の旅終え、大宮から自走帰宅途上のこと、台風15号通過で枝木が散乱する歩道走行中の昭島近く、ドブ板上のキープレフト走行中、左手細道から現れた車に撥ねられ転倒して、腰部強打撲の負傷。警察の現地検分聴聞終わって、加害者の車で我が家まで送られ、翌日身体の調子伺いの電話あり、まあ大丈夫でしょうで一件落着した。

今回の秋田県走行した旅は最悪で、初日泊まる宿男鹿半島への左折場所見当たらず直行、仕方なく能代市内の翌日の宿まで直行中、日没になり暗い夜道で転倒したら、不幸中の幸い消防署員が近くにおり、救急車手配されその日運ばれた病院で一泊、顔反面が紫色に腫れ上がりゾンビ風貌になり、湯瀬、田沢高原、横手、水沢と旅を続け5日目、R4走行中雨が降ってきたので一ノ関で自走断念、15号台風進行中に向かって新幹線乗車、大宮まで輪行で戻れて市内Hで一泊。

で翌日冒頭の状況に至ったという訳です。次の旅山形県を楽しむ10日間が、月末から始まるが体調完全回復には程遠く、加齢が立ちはだかってるなと、思う今日この頃であります。でも84歳の年齢考えると骨折しても、当然かなと思われる転倒でも、この程度のダメージですむのには感謝で、親父が守ってくれたなと天を仰いだ。

9/19 昔々を思い出す

2019.09.19
14〜15日の連休亀ランで秩父の一泊旅行が決まってたが、車に衝突され自転車破損してしまったので、行けないなと思っていたら、伴走サポート車で参加した新鮮組長夫妻が、何と親切に迎えに来てくれたので、自走した仲間達と楽しく里路苑で一泊体験は大感謝。

一夜明けた翌日鉄道少年の昔に戻って、宿から徒歩ですぐ近くの三峰口駅から、秩父鉄道電車最前部に乗車して、運転手の気分で楽しみ、乗車7駅目の御花畑駅で乗り換え。街中徒歩で向かった西武線秩父駅で、乗り換えると先頭車両が最後部なので、ホーム延々と歩き最前部に乗車すると、電車は何と今来た方向に向かって発車するので、強烈な逆走の違和感を感じたが、長いトンネル抜け正丸駅になって、窓外に見慣れたR299風景見えると、違和感消え去って安心ホットした。

西武秩父線は飯能行きなので、終前東飯能でJR八高線に乗換で降車したが、西武秩父線長い車両編成、単線なので停車駅での待ち時間多く、乗換降車までの僅か9駅に50分もかかる。八高線に乗り換えるとすぐ金子駅で、この駅には遠い昔戦後すぐの食糧難時代、親父に連れられ買出しのお供で、心細い気持ちでホームに立ち尽くした事があったなあ。

買出し列車で混雑してた終戦直後の八高線、背中のリュック忘れに気づいた親父、ここで待ってろと言い残し金子駅ホームから、走り出した列車に飛び乗りリュック確保、蒸気機関車のテンダー乗り越え、機関手に減速させ飛び降り戻ってきた、鉄道員だった親父に不可能は無く、俺っち心の中の英雄だった。

めちゃ可愛がられてた俺っち、今でも守られてるような気がしてならない、親父いっぱい有難う感謝感激です。



9/10 車に撥ねられた

2019.09.12
家まで帰る旅最終日。大宮から自宅まで50km通い慣れた庭先(それは少しオーバー表現)のようなもの、だから走る路面も適当だが、いつも守ってるはキープレフト。大宮⇄八王子間の最短距離はR16だが、物流動脈化しているR16は絶対走らない心得で徹底、歩道走行可能な箇所は出来るだけ歩道走、車の通行の邪魔にならぬよう、常に心がけてるのは車は働いてる人、俺っち遊び人と判別してるから。

台風一過で歩道上大荒れで枝木が散乱して、本日歩道上がいつもと全く違う様相だった、キープレフト基本に走ってるので、場合によってはドブ板上走行もよく体験するが、本日それが裏目に出てしまった。

突然脇道から車が飛び出し俺っち自転車、見事に跳ね飛ばされる事故発生、幸いというか俺っち身体には損傷ほぼ無いが、自転車が大破サドルはワイヤーベースが飛び出し、愛用のサドルバックも大破。GOKISOホイールが無事だったのが無性に嬉しかった。もし車道側を走行してたら、衝撃はかなり低かったのではと思う、だがキープレフトが悪かろう筈はない、運転手の100%過失じゃ。人身事故にならなかったのが不幸中の幸いだった。

警察の実地検分済んだ後、加害者に我が家まで送迎一件落着。車の御仁は車道に出る際、左右確認には念には念を入れてほしいね、これが被害者からの心からのお願いじゃ、事故ってしまったらもう遅いのよ。
カテゴリー
最近の記事
過去ログ