FC2ブログ

ふと思い出した アレコレ

2021.01.16
俺っち来夏で86歳になる。昭和10年八王子市内で誕生小学校入学で開戦、焼夷弾雨霰と落ちる深夜の空襲で逃げ回ったが、食べ盛りの小3の夏に終戦となり、鬼畜米兵の支配下となってしまい、食糧難時代に突入し食物に事欠いたが、大人たちに教え込まれていた鬼畜米兵は全くの嘘っぱちと知った。十年ほど経過し社会が安定した頃、同業知人の沖縄うるま市店舗で知り合った、Giと仲良くなり誘われ渡米してサイクリングを堪能し帰国。

米国の地平線の果てまで見渡せる農家で給水受け、中央が道路で180°見渡す広大な土地の左右、それぞれ一人の個人所有地と聞かされ仰天、こんな広大な国と戦争して勝てるわけがないと思った。その頃俺っちも20代後半で健脚だったので、米兵達とあちこちサイクリングしたが、坂になるとバトルを始める米兵達見て、俺っち自慢の登坂脚力でひとまくり決着すると、ジョーク得意の米兵達全員が路面にひれ伏し、俺っちに脚を交換してくださいと告げられ大笑い、何故か人種を超えた仲良しとなった。その後除隊し帰国した彼らに誘われ渡米、サンフランシスコで懐かしの再会となった。

英語が喋れたら、今でも交流続いたと思うが全く分からず、勉強しようとも思わなかったので、残念ながら交流はそれきりになってしまったのが、今となって考えるとちょいと残念よな。サイクリングに熱中してたことから、グアム、シンガポール、コリア等でもサイクルレースに参加、地元の仲間達とちょい交流はできたが、何よりもビックリはロシアの大地を走った事だろうな。ロシアのサイクリストに招かれ、ロシア大使館へビザ取得で向かうと、ビザは用意されてて即受領出来たら、旅行社のスタッフがびっくりして、ぜひその特別ルートを教えて下さいとせがまれたよ。

ツールド台湾で俺たちの渡露を誘ってきたロシアチームのボス、相当の大物だったようなのが通関で判明、その後再度ご招待の意向伝えられたが、ロシアには面白み無く一度で結構でお断り、でも得難い経験ができたと思ってる。返礼でロシアチームの渡日を2回、自費負担で招待したので俺っち的には大失費だったけど。

ロシアでは本日レースという日にレース現場まで向かうと、そこでなるしまどっちが良いかと両路面を指すので、こっちが良いと伝えるや、ポリス数名で高速道路の片側を即封鎖してレース会場よ、残る片側路線で車を交互通行させる荒技交通規制にはビックリしたぜ、独裁国家ってやる事勝手気ままなのね、これって今でも忘れられない体験だわ。
スポンサーサイト



2/21 Eバイクで出発目標は犬越路

2021.02.21
この歳になると全く関係なくなるけれど本日3連休初日、天気良し気温も高くなる予報耳にちょっくら一走りと考え、犬越路に行ってみようかと9時過ぎ家をあとにする。食糧難時代だった少6年生のいっとき、半年ほど親戚に預けられ通学していた、行程途中の山北町にある従兄弟宅にご挨拶お届けが、どんと遅れになってしまったカレンダー背負い、我が家を後にしたのが10時半、高尾町へ遠回りして県道 47走って、昭和橋から国道合流は混雑する国道回避が為、国道129で相模川越え国道246、厚木市内でR246へ右折合流西進、愛甲石田、伊勢原、秦野善波TN、松田町で小田原市からR255が合流、並走する東名高速道を右手に走行、懐かしの親父の故郷山北町5km先左折して県道76、道の駅山北で小休止後15km走って犬後路林道、通行禁止のトンネル越えて下り路面m2の悪路入り、昨年3月23日ここ通過と地図に記載ありほぼ1年前だな。

Eバイクで出かけることに決めあれこれ準備したら昼を回ってしまい出発午後1時になってしまう。本日逆コースで相模湖側から向かうことにした、逆向きはこれまで体験した事なく今回が初めて、時之栖で宿泊と考えてるが予約なしの飛び込みとまれなかったら深夜走行も考え明るいランプ持参し対応、最悪は終夜走行しての帰宅だわ。出発がどんと遅れて午後1時なんじゃこれって、我ながら呆れたよ。何処ぞで宿泊だな。

2/17 走馬灯

2021.02.18
俺っちこの夏が来ると満86歳の老爺になる、10歳児で終戦を迎えたので戦後75年も経過したので、年老いて当然だな最近は根気も無くなり念願も喪失、年相応でこれが当然なのでろうとは思っている。しかし、何事も頑張る事が取り柄だった俺っちなので、気力充実してた青年期を思い起こし捲土重来、年老いた今どこまでやれるのか、挑戦してみるのも面白いかもとふと考えたよ。

何がって?それは誰でもできる自転車で走る事ですわ。10歳児の小4時代に無敵日本の敗戦を体験、青い目をした大男達が鉄砲肩にジープに乗車、我が家近くの国道16号線を次々に通過、米兵達は厚木飛行場から立川飛行場へ向かったのだ、と大人達から聞かされたな。国道と交差する中央線踏切前にテント設営、MP(陸軍憲兵)が常駐していたけど、俺たち子供が見てる前で、空飛んでるカラスを鉄砲で狙い撃ちする悪戯、眺めた警官でも咎める事も出来ず、敗戦の現実が重くのしかかった。

仕事帰りの親父が暗くなった夕方自転車で帰宅した、酒酔い運転の米兵ジープに故意に追突されて負傷、頭に包帯巻かれ血だらけ姿の哀れな姿だった。こんな事件が当時はごまんとあったのよ、敗戦国民には悲しいかなそれを責める手立て無く、泣き寝入りするしか無かった。

その後如何した風の吹き回しかよく遊びに出かけた沖縄で、同業の自転車店で客人GI達知り合い、国と国は対決したが人と人は仲良くなれることを実感、除隊帰国した元GI達に誘われ自転車持参で渡米、彼等と米大陸をサイクリングし素敵な交流も、敵国語なので覚えようともしなかった英語知らずの渡米、彼等が和英辞典持参して頁捲って、理解しあったけど大変な努力をしてくれたよな、大和魂などと言われ好かれたけど、俺の何処が良かったのかね?

ただ脚力だけは大人と子供ほど大差ありで、短足チビだった俺っちの天下だった、負けて土下座するジョーク好きの彼等と直ぐ仲良くなり、除隊帰国した彼等に誘われ渡米したのだから、間違いなく瓢箪からコマだよな。

当時の俺っち脚力気力抜群で、多摩陵ゴールの全日本ロード選手権大会でも、オリンピック選手2人相手のゴール勝負は、3者の微差写真判定での3着は、ゴル前で見てた競輪狂の親友から、お前勝てたのに何でゴール前で流したのかと、叱責されその時返す言葉がなかったのを、今でも鮮明に記憶にあるけど、こんなところが、俺っちが好かれるのかなとふと考えた。他人が喜ぶ顔見るのが何よりも好きなのよ‥‥

2/1 ボケ発症を自覚               

2021.02.01
かなり以前から神さんからツツーチャンと呼ばれるようになっていた。その意味は伝えられた事が頭の中、ツツーと耳を突き抜けて外へ出てしまって、記憶に何も残って無い俺っちの脳裏の現状を指す、神さん特有のきつ〜い言葉なのよ。世間で言われてるボケ症状のことで、自分でも着実にボケ症状が進行してると感じてる。年老いてくると誰しもボケてくるのは、仕方ないことだとだとは思うが、ボケの進行速度を少しでも遅くするコツがあれば知りたいものだ。

何処ぞへ行く気になり走りだすと道を間違える事もなく、目的地へは向かえるのだが我が家へ戻る帰路になって、走りながらはて今さっき何処へ行ったんだっけ、が思い出せない事が時折りあるのには参る。これってボケの初期症状なのだ思うが如何でしょう。現在はeバイクとロードの二刀流で走ってるけど、今後は出来るだけロードレーサー走行を心がけようと思う、足腰の鍛錬がベストだろうと判断したので・・

コロナ禍でなるべく人と接しない心がけてる、いまの風潮は実は老体には最悪な環境かと思う。あれこれ他人と話し接する事で、脳が活性化されボケ症状防止になるはずが、他人となるべく接しないようさせてる現風潮は、ボケ症状発症させてる根源かもと考えるがどうだろう。俺っち西暦1935年和暦で昭和10年生まれの満85歳半、まだ英雄ボケるのは早いぞと、天から親父の叱咤が届いた、すまん親父自分を失くさぬよう心するよ。

まずはPC前に終日座リ続けてる生活態度、これを一変させる必要があると考え、明日から実行じゃ。

 2021年も楽しく過ごしたい

2021.01.07
時の経つのが早いねえつい先日元旦と思ってたら、もう今日は松の内ラスト千秋楽じゃん。

さて何処かへひとっ走りと思うも、レーサージャージに着替えが面倒で、普段着のまま乗れるeバイクがベストと考え、11時近くになってから足の向くまま、向かった先は陣馬街道だった。車の往来少なく気楽に走れご機嫌だったが、やたら強風吹き荒れる寒い日だったので、陣馬山へ向かわず力石から分岐小津川沿い、山中を走ると入山峠で自転車、徒歩共に通れませんの看板、昔だったら通行無理を我が目で確認するまで、走り続けたろうが老いた今では従順そのもので、看板見流やすぐ引き返し、

時間かかった登りと大違い下りの速いこと足が回るだけで無く、目まで回るのでスローダウンしたわ、いつまでも若くは無いんだと反省したよ。分岐後走行した路面全て走りきって元の陣馬街道、右折陣馬山方面に向かわずそのまま八王子市内方面へ、元八の諏訪神社鳥居前で停車、老朽化した神社を遠目で眺める、祖母の故郷という事で戦時中いっとき、空襲逃れで別宅があったけれど近くに爆弾が投下され、畑のあちこちにプールのような大穴が出来たっけ。何処まで真実なのか知らんけど、街道筋農家に軍隊が分駐していたのが、スパイからその情報が伝わって、爆撃されたと大人達が噂してたっけ。

この地の大地主の息子が八王子市内の俺っち小学校で、同級生で級長として君臨していたけど、彼は今で言う越境入学のはしりだったんだなあ、立派な門扉の家屋は今でも健在だけど、その後どんな人生歩んだのだろうかとふと思った、激動の時代に少年期を送った、俺達世代の仲間に願わくば幸いあれよ。

戦争が終わって空からの恐怖が無くなると、次は食べるものがない時代に突入、食べ盛りの少年期に食べ物無く、毎日空腹で過ごした俺たち世代、身体が育たなかった様子で皆さん小柄ですわ。すでに鬼籍に加わった仲間も多い俺たち世代だが、激動時代を体験できた事ってむしろ幸せだったと思える。平々凡々の一生って面白みに欠けて、つまらん一生だと思うけどどうかな。

2021年7月で満86歳になります、残り人生もよろしくお願いしますだ。



カテゴリー
最近の記事
過去ログ