fc2ブログ

ふと思い出した アレコレ

2021.01.16
俺っち来夏で86歳になる。昭和10年八王子市内で誕生小学校入学で開戦、焼夷弾雨霰と落ちる深夜の空襲で逃げ回ったが、食べ盛りの小3の夏に終戦となり、鬼畜米兵の支配下となってしまい、食糧難時代に突入し食物に事欠いたが、大人たちに教え込まれていた鬼畜米兵は全くの嘘っぱちと知った。十年ほど経過し社会が安定した頃、同業知人の沖縄うるま市店舗で知り合った、Giと仲良くなり誘われ渡米してサイクリングを堪能し帰国。

米国の地平線の果てまで見渡せる農家で給水受け、中央が道路で180°見渡す広大な土地の左右、それぞれ一人の個人所有地と聞かされ仰天、こんな広大な国と戦争して勝てるわけがないと思った。その頃俺っちも20代後半で健脚だったので、米兵達とあちこちサイクリングしたが、坂になるとバトルを始める米兵達見て、俺っち自慢の登坂脚力でひとまくり決着すると、ジョーク得意の米兵達全員が路面にひれ伏し、俺っちに脚を交換してくださいと告げられ大笑い、何故か人種を超えた仲良しとなった。その後除隊し帰国した彼らに誘われ渡米、サンフランシスコで懐かしの再会となった。

英語が喋れたら、今でも交流続いたと思うが全く分からず、勉強しようとも思わなかったので、残念ながら交流はそれきりになってしまったのが、今となって考えるとちょいと残念よな。サイクリングに熱中してたことから、グアム、シンガポール、コリア等でもサイクルレースに参加、地元の仲間達とちょい交流はできたが、何よりもビックリはロシアの大地を走った事だろうな。ロシアのサイクリストに招かれ、ロシア大使館へビザ取得で向かうと、ビザは用意されてて即受領出来たら、旅行社のスタッフがびっくりして、ぜひその特別ルートを教えて下さいとせがまれたよ。

ツールド台湾で俺たちの渡露を誘ってきたロシアチームのボス、相当の大物だったようなのが通関で判明、その後再度ご招待の意向伝えられたが、ロシアには面白み無く一度で結構でお断り、でも得難い経験ができたと思ってる。返礼でロシアチームの渡日を2回、自費負担で招待したので俺っち的には大失費だったけど。

ロシアでは本日レースという日にレース現場まで向かうと、そこでなるしまどっちが良いかと両路面を指すので、こっちが良いと伝えるや、ポリス数名で高速道路の片側を即封鎖してレース会場よ、残る片側路線で車を交互通行させる荒技交通規制にはビックリしたぜ、独裁国家ってやる事勝手気ままなのね、これって今でも忘れられない体験だわ。
スポンサーサイト



11/25 入山峠へ向かうサイクリング

2021.11.26
夕焼け小焼のふれあいの里の先を右折分岐すると入山峠、昔何度か走ったコースを目指す、前回は路面の崩落で途中で引き返してるが、今回はどうなってるだろうかと?不安感じての訪問だったが、利用者少ない山道故全く修復されておらず、頂上で路面崩落で封鎖されており、前回同様折り返しとなってしまった。生活道路ではないので修復されることは無いと思うので、入山峠越えは再度体験はできそうもないな。
五日市の山中僅か5kmほどだけ、途中人とまったく出会う事も全くなく、僅か5kmほどだけ山中往復を楽しむ、ブラチャリで本日のサイクリングは終了。まったくお粗末なジャイアントEバイク遊びでした。バッテリー充電せずの走行だったので、帰宅後25%残量見て充電完了して明日の走行に備えた。

11/13 Eラン仲間と走ったよ 

2021.11.12
本日は誘われ久し振りにEラン仲間と走った。いつもの独走どきは専らeバイクだが、仲間と走ると言うので久しぶりのロード車、僅か4〜50km走っただけだが脚が回らないのには驚いた。86歳の我が年齢考えたら無理ないのかもと思うが残念の極み、俺っちから自転車失くしたら残るもの無しかと思うので、も一度大好きな自転車と一蓮托生の日常に戻ろうと、反省させられた1日になりました、誘ってくれた仲間に深く感謝したいと思います。
明日からは出来るだけ、自転車と触れ合う日を送ろうと心した1日でした。後半失速して大変だったけど1日楽しく過ごせたので、誘ってくれたM子ちゃんには大感謝。次回誘われた時にはもっと走れるよう、なってる事を約束しますので、本日のお粗末な走りをお許しください。付き合って頂いた皆さん、本当に有難うございました。

ボケ老人日記の始まり

2021.11.11
我が家に戻ったその晩方に本日の行動、思い出し書き留めようとしてもそれが至難の技、さっぱりわからず困っております。年老いてボケるってこういう事なのかと諦めてますが、そのまま放置では症状さらに悪化は確実と思うので、せめてその日何したかのかだけでも書き留める事で、少しは進行食い止めてくれるかもと淡い希望を持って、あれこれくだらん事でも書き留めてみようかと考え、ひと口で言うならば老人ボケ日記、本日から綴ることにしました。
文章にするは恥ずかしい気がしするのですが、本日2021年11月11日がボケ老人日記の初日となります。
今後どういう展開になりますやら心配ですが、当人は真剣に考えてのことですのでまあお許し頂き、まずは宜しくお付き合い頂きたいとお願いします。

1月3日 本日59回目の結婚記念日

2021.11.03
俺っち27歳。神さん19歳の遠い昔が本日俺たち二人の新生活スタートだった、神さん本当にありがとう感謝します。

今は86歳老ぼれ症状激しくすぐ物忘れ、1日経つと昨日のことが思い出せず困ってますわ、何か防止策は無いものかと考え、ふと気付いたのが日記の記帳、で本日から毎日あれこれ綴ってみることにした、話題もないのに書き留めるのは気がひけるけど、これもボケ防止に少しでも役立てば、と思ってのことでお許し下され。

昨日久しぶり懐かしの雛鶴峠のまんじゅう屋へEバイクで向かった、生憎お店は休業で女将に逢えずの引き返しになったけど、思い出多い田舎道なので気分爽快で往復路が楽しめたので良しとしよう。


カテゴリー
最近の記事
過去ログ